神戸市-KOBE-


令和元年度神戸地区石油コンビナート等特別防災区域協議会東部地区訓練

シンコーケミカル・ターミナル 6月5日に令和初の神戸地区石油コンビナート等特別防災区域協議会東部地区訓練を神戸市東灘区住吉浜町18番地のシンコーケミカル・ターミナル株式会社神戸事業所において、実施しました。

訓練風景 この訓練は石油コンビナート等特別防災区域における災害発生を想定し、関連事業所と防災関係機関が緊密な連携のもと、災害対応力を向上させることを目的に毎年実施しており、今回の訓練にはシンコーケミカル・ターミナル株式会社神戸事業所、ティー・エム・ターミナル株式会社神戸事業所、神港有機化学工業株式会社、昭永ケミカル株式会社、東灘警察署、神戸市東灘消防署の各事業所及び機関が参加しました。

 訓練は「事業所操業中に発生した紀伊半島沖を震源とする巨大地震により、漏洩した危険物から出火し、初期対応にあたった従業員2名が負傷。さらにタンクに燃え移りその隣接タンクにも延焼のおそれがある。」という想定で行い、事業所の自衛防災組織による初期対応及び公設消防隊との連携がスムーズに行われ、最後は一斉放水で消火に至りました。

 南海トラフ地震の発生が危惧されているなか、今後もこのような訓練を通じて地域防災力の向上を図っていきたいと思います。