神戸市-KOBE-


東灘区の地域防災  Disaster prevention in Higashi Nada Ward

最終更新日
2019年9月20日

防災福祉コミュニティの活動に参加しましょう!

東灘防災福祉コミュニティ 大災害が発生すると、行政だけではできないことがたくさんあります。
地域住民の交流を深め、災害時には自主的に防災活動をおこなえる組織として結成されたのが、『防災福祉コミュニティ(防コミ)』です。

 防コミは、自治会、婦人会、民生委員・児童委員、青少年育成協議会、PTA、消防団、老人会、地域の事業所などで構成されています。
 平常時には、防災訓練や防災資機材の維持管理等をおこない、災害発生時には、初期消火、救出救護、避難誘導等の災害対応や避難所運営をおこないます。
 東灘区には、小学校区単位(六甲アイランドは島全体で1つ)に13の防コミがあり、その地域に住む全ての人が防コミの一員です。
 大災害の直後に助け合えるのは、近くにいる人たちだけです。防コミの活動にぜひ、参加しましょう!

防コミトピックス  防コミの旬な話題を掲載しています
東灘区防災福祉コミュニティ  お住まいの防コミをクリック!

防災福祉コミュニティ向けコンテンツ

防災福祉コミュニティ活動の中でよく使う届出や申請関係をまとめています。

お役立ちツール

ONE FOR ALL , ALL FOR ONE 一つの防コミは全ての防コミのために、全ての防コミは一つの防コミのために

 1つの防コミが作成したもので、他の防コミにも役立ったり参考になるものをご紹介します。

知災・備災・減災  〜「避難スイッチ」が入るように〜

 「避難スイッチ」は、(川の水がここまで上がったら避難しよう)(住んでいる地区に警報レベル3が出たら避難しよう)など、事前に決めた状況になったら反射的に避難を始める基準を決めておく取組みです。基準を決めておくことで、(自分だけは大丈夫!)(今まで大丈夫だったから大丈夫!)(周りの人も避難しないから大丈夫!)という、正常性バイアスや同調性バイアスに打ち克つことができます。

情報収集ツール 〜情報を待っていてはダメ!情報は自分で取りにいくものです〜

警戒レベル4で全員避難!!

警戒レベル画像 避難情報の意味を直感的に伝えるため、災害時の避難タイミングが「警戒レベル」で発信されます。特に2つの警戒レベルを覚えてください。
  
〇警戒レベル3 高齢者等で避難に時間がかかる人は避難を始めてください。
〇警戒レベル4 その地域の全員が安全な場所に避難してください。

※水平避難と垂直避難
 避難所に避難するだけが避難行動ではありません。外を移動するのが既に危険な場合もあります。そんな時は、屋内の上階等に移動して最低限の身の安全を確保してください。
※ハザードマップの確認
 災害の種類によって、適切な避難所が変わる場合があります。事前にハザードマップで確認しておきましょう。

神戸市降雨情報

河川カメラモニタリングシステム東灘区ピックアップ 〜リアルタイムで河川の様子を見ることができます〜

土砂災害・水害に関する危険予想箇所図(ハザードマップ) 東灘区版

災害時の避難先(緊急避難場所・避難所、福祉避難所) 東灘区版

神戸の地盤・活断層

国土地理院地図 〜住所を入力するだけで標高を簡単に調べられます〜

KOBE防災ポータルサイト SONAE to U? (備えとう?)

神戸市津波防災ウェブサービス ココクル?

TO NON−JAPANESE PEOPLE

 If a disaster occurs, in response THE KOBE INTERNATIONAL COMMUNITY CENTER (KICC) will set up a consultation service for non-Japanese people to answer inquiries and provide information.
 さいがいがおきたら、じょうきょうによって、こうべこくさいコミュニティセンター(KICC)に、がいこくじんようのそうだんまどぐちをつくって、たいおうやじょうほうのていきょうをします。

NHK WORLD−JAPAN

1995年1月17日 阪神淡路大震災

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。