文字サイズ変更 縮小元に戻す拡大

Google 検索について

トップページ神戸の戦災戦争体験談>平和の尊さを語り継いで 日向さん(長田区)・梁(リャン)さん

神戸の戦災 戦争体験談

■ 平和の尊さを語り継いで  日向さん(長田区)・梁(リャン)さん

−中央区の中央小学校での戦争体験者の話を聞く授業より−(平成12年7月)

◆空襲で友達をなくして

長田区の日向さんは、戦争体験を童話にして話しました。

小学校のときに、疎開して、友だちと離ればなれになったこと。勉強したくても鉛筆や紙がなかったこと。そして、空襲で大切な友だちを亡くしたこと。

「亡くなった友だちの分も精いっぱい生きようと思っています。今は平和なので、なんでも勉強できます。皆さんも頑張ってください」と、締めくくりました。

◆みんなが笑顔で暮らせる社会に

梁(リャン)さんも、「戦争は大変悲しいことです。わたしと同じ朝鮮の人も、神戸でたくさん亡くなりました。世界の人が笑顔で暮らせる社会をつくることが、これからのみなさんの仕事ですよ。」と語りかけました。

二人の体験談を聞いて、6年生の藤田さんが、「大切な人が亡くなるのは悲しいことだと思う。これからも平和であってほしい。」と話しました。


(平成12年8月1日号広報こうべ掲載)