文字サイズ変更 縮小元に戻す拡大

Google 検索について

トップページ神戸の戦災戦争体験談>平和ということはいかに大切か  根岸さん(北区)

>

神戸の戦災 戦争体験談

■恐ろしい空襲の記憶   野田 康夫さん

昭和20年3月17日午前2時29分。「康夫!起きい!」と母に起こされると、空襲警報が鳴っていました。とっさに防空頭巾をかぶって玄関まで行くと「ザーッ」という大雨が降るような音が聞こえました。それは無数の焼夷弾が降ってくる音で、家の前にも落ちました。当時9歳だった私は、幼いながら母を守ろうという一心で、シャベルをたたきつけ、消火しようとしました。しかし、焼夷弾がシャベルにくっついて取れなくなり、火は消せませんでした。

そのうち、近くの木造の家に火が付き、すぐに隣家に燃え移り、まるで火のカーテンのような光景に。私は母と、すぐ近くの湊川神社まで一目散に逃げました。逃げ遅れた人たちはみんな亡くなったと思います。神社の近くの鉄塔が、焼夷弾の直撃を受け、ぐにゃっと折れ曲がり、それに挟まれて亡くなっている人もいました。焼夷弾の直撃を受けた人は真っ黒焦げで即死でした。

当時、全てが灰だったこのまちが今の状態になったのは、みんなの力で神戸をつくりあげたから。これからもこのまちを大事にしてほしいと思います。


(平成28年8月号 広報紙KOBE掲載)