文字サイズ変更 縮小元に戻す拡大

Google 検索について

トップページ神戸の戦災戦争体験談>二度と戦争を繰り返さないために 堀之内さん(兵庫区)

神戸の戦災 戦争体験談

■ 二度と戦争を繰り返さないために  堀之内さん(兵庫区)

◆強制的に軍隊へ

堀之内さんは、昭和19年、16歳の時に軍隊に入り、厳しい軍隊生活を経験しました。「わたしは志願して入隊したのですが、当時は国民の義務として徴兵制度がありました。男性は全員20歳になると身体検査を受け、順に徴兵されました。断ればいいと思うかもしれませんが、徴兵を拒否すると処罰を受けるので断れなかったのです。」

◆先輩隊員との別れ

やがて、堀之内さんの先輩隊員が、特攻隊として戦場へ向かうことになりました。「最後の別れの時の、先輩の力強い握手と鋭いまなざしは、今でも忘れられません。3日後、先輩の特攻隊が沖縄で敵艦に突入したとの知らせが届き、わたしたちは泣きに泣きました。」 終戦となったのは、わずかその2週間後のことです。「終戦がもう2週間早ければ、先輩の尊い命が失われることはなかったのです。残念でなりません。」と当時のつらい体験を話してくれました。

◆失われた多くの尊い命

堀之内さんは、最後に、「戦争によって多くの人が亡くなりました。戦場に行った人や空襲にあった人の多くの尊い命が失われたことを、わたしたちは決して忘れてはいけないと思います。」と結ばれました。


(平成14年8月1日号 広報こうべ掲載)