神戸市-KOBE-


神戸市ホームページ作成事業者用ガイドライン

最終更新日
2018年3月31日

「神戸市ホームページ作成事業者用ガイドライン」は、神戸市ホームページを誰もが便利に快適に利用できるホームページとするために策定されたものです。

ホームページの利用が不慣れな方、古いブラウザを使用している方、難しい漢字や複雑な文章を理解することが難しい方、目の見えない方(スクリーンリーダーの利用者など)、目の見えにくい方、色の違いが分かりにくい方、耳の聞こえない方、聞こえにくい方、手の動作が不自由でマウスやキーボードを操作することが難しい方、高齢の方等、ホームページを利用する際に問題が生じることの多い方々について、できる限りの配慮を行います。

1.目的

神戸市ホームページ作成ガイドライン(以下、本ガイドライン)は、神戸市ホームページを、誰もが便利に快適に利用できるホームページとするために策定されたものです。

ホームページの利用が不慣れな方、古いブラウザを使用している方、難しい漢字や複雑な文章を理解することが難しい方、目の見えない方(スクリーンリーダーの利用者など)、目の見えにくい方、色の違いが分かりにくい方、耳の聞こえない方、聞こえにくい方、手の動作が不自由でマウスやキーボードを操作することが難しい方、高齢の方等、ホームページを利用する際に支障が生じることの多い方々について、できる限りの配慮を行います。

2.適用範囲

本ガイドラインは、神戸市の管理する全てのホームページ及びウェブシステム(以下、神戸市ホームページ)を対象とします。

神戸市より外部業者等にホームページやウェブシステムの作成を委託する場合に、本ガイドラインへの準拠を求めます。

3.根拠となる規格またはガイドライン類

本ガイドラインは、JIS X 8341-3:2016 高齢者・障害者等配慮設計指針−情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス− 第3部:ウェブコンテンツに基づいて策定しています。

また、平成28年4月に総務省が発表した「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016年度版)」及びウェブアクセシビリティ基盤委員会も参照しています。

4.用語及び定義

本ガイドラインで使用する用語及び定義は、JIS X 8341-3:2016に基づいています。

5.目標・スケジュール

レベルAA準拠を目標として、仕様書に定められた期日までにウェブページの制作を行う。レベルAA準拠が難しい場合は代替手段を講じる。

6.ウェブアクセシビリティの確保・向上に関する要件

1.企画

神戸市ウェブアクセシビリティ方針において、神戸市が目標としているJIS X 8341-3:2016レベル「AA」準拠を目標としてウェブサイトの企画を行う。
または、レベルAAに準ずる代替手段を企画する。

2.設計

1)適用する達成基準

・ウェブアクセシビリティ方針に基づいた達成基準 レベルA、AAを適用する。

2)使用するコンテンツ技術及び達成方法

・ウェブコンテンツ制作技術として以下を採用する。全てのコンテンツは、これらの技術の仕様に則って制作を行う。
 制作技術:HTML /バージョン: HTML5
 制作技術:CSS  /バージョン: CSS3

・仕様上は達成していても、ユーザーエージェント(ウェブブラウザ、支援技術など)がサポートしていないコンテンツ技術及び達成方法については、原則として使用しない。使用する場合は、代替コンテンツを用意する。 例)Adobe Flashコンテンツ、画像のみのウェブページ、など
ユーザーエージェント(ウェブブラウザ、支援技術など)がサポートしていないコンテンツ技術及び達成方法の調査はウェブアクセシビリティ基盤委員会が行い、調査結果を公開しているので、これを参照する。

3)OS及びブラウザ要件

以下に記載するOS及びブラウザでの動作を保証する。
特に、ブラウザは各OSでサポートが継続されているバージョンを対象とする。

<OS>
パーソナルコンピュータ Microsoft:Windows 7 以降、Apple:OSX 10.11 (ElCapitan) ,MacOS 10.12 (Sierra) 以降
スマートフォン・タブレット AndroidOS:Ver.5.1.1以降、iOS : 11.2.6 以降、iPhone 5s 以降、iPad Air 以降、iPod touch (第 6 世代)
<ブラウザ>
Internet Explorer11:最新版(Windows版)
Microsoft Edge:最新版(Windows版)
Mozilla Firefox:通常版 Ver.58以降(Windows版,OSX版,MacOS版,iOS版,Android版)
Mozilla Firefox:企業版(ESR) Ver.52以降(Windows版,OSX版,MacOS版)
Apple Safari:Ver.11.0.3以降(OSX版,MacOS版,iOS版)
Android Browser:Android Ver 5.1.1 以降付属の標準ブラウザ
Google Chrome:最新版(Android版,Windows版,MacOS版,OSX版,iOS版)

4)表示サイズ

パーソナルコンピュータ:
 ・最小表示サイズ
   SVGA(800×600)サイズのモニタで全画面表示させた大きさにおいて、横スクロールバーが表示されないようにする。
 ・最適表示サイズ
   XGA(1024×768)サイズのモニタで全画面表示させた大きさにおいて、横スクロールバーが表示されないようにする。

スマートフォン:
 ・最小表示サイズ
   360×640ピクセルで全画面表示させたとき、横スクロールバーが表示されないようにする。

3.作成・開発

・JIS X 8341-3:2016 のレベルA、AAの達成基準に適合するようウェブページを作成する。
 参考)神戸市ホームページ作成事業者用ガイドライン内
    <参考資料1>神戸市JIS X 8341-3:2016レベルA、AA達成方法解説(一部レベルAAA含む)

・文字色と背景色について、計測ツールを用いてコントラスト比を計測し、レベルAAに適合する。

・文字コードについて、「Shift-JIS(日本語)」及び「UTF-8(英語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、韓国語、フランス語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語)」とする。

・既存のJavaScript/CSS/画像等を利用する場合は、既存コンテンツへの影響がないようにする。

・ページにコンテンツを追加する場合、DOM(ドキュメント・オブジェクト・モデル)を用いる。

・音声読み上げ機能を利用するため、読み上げ順を意識したコーディングを行なう。

・キーボードのみでも操作が可能なように、コーディングを行なう。

・バリデーターによる検証を実施し、バリデートを行う。

4.検証

・JIS X 8341-3:2016 のレベルA、AAに基づく実装チェックリストによる実装チェックを行う。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。