神戸市-KOBE-


水道水中にマイクロプラスチックは確認されていません

◆マイクロプラスチックについて

マイクロプラスチックとは、環境中に存在する大きさが5mm以下の微小なプラスチックの総称です。
 発生源は、包装容器などのプラスチック製品が壊れて細かくなったものや、化学繊維のくずなどで、人体に対する影響は分かっていません。

◆神戸市の水道水におけるマイクロプラスチック

神戸市では毎月、水道水中に含まれている異物の調査を行っており、その中でマイクロプラスチックは確認されていません。

 方法:
  水道水1Lを孔径1μm=0.001mmのフィルターでろ過後、顕微鏡検査

 調査地点:
  浄水場
   千苅浄水場(給水栓も測定)、上ヶ原浄水場、奥平野浄水場、本山浄水場
  受水地点
   阪神水道系、神出浄水場系、三田浄水場系