神戸市-KOBE-


水質管理体制

最終更新日
2017年10月27日

水質管理体制

水質試験所では将来にわたって、より安全で良質な水道水をお届けするために、水源から蛇口までさまざまな地点で水質検査し、 よりきめ細かな水質管理に取り組んでいます。

水源上流部での水質検査

水源の水質保全を図るためには、そこへ流れ込む河川の水質を的確に把握しておく必要があります。そのため、各水源の上流を定期的に調査し、汚染源の調査や監視を行っています。

貯水池での水質検査

貯水池の水質は季節によって変化するうえ、水深によっても異なります。 そのため、定期的に貯水池の表面から底まで一定の水深ごとに採水して検査を行い、最も水質のよいところから水をとるようにしています。

浄水場での水質検査

原水から浄水までの処理過程を検査し、確実に浄水処理されているかチェックしています。

また、凝集剤や消毒剤などが適正に使用されているかも調べています。

浄水場を出てからの水質管理

配水池や給水栓水も定期的に検査しています。

さらに、水質自動監視装置で市内23か所において濁度、残留塩素など7項目を測定し、配水池など37か所の残留塩素のデータと合わせて一括して常時監視し、水質管理に役立てています。