神戸市-KOBE-


水道事業(平成29年度決算)

最終更新日
2018年9月21日

概要

 超高齢社会の進展や人口減少,節水機器の普及などにより,水道事業を取り巻く経営環境は極めて厳しく,さらに,安定給水を維持していくためには,今後,老朽施設の大量更新が必要な状況となっております。
 平成29年度は,「中期経営目標2019」の2年目となることから,掲げた目標の達成に向け,着実に取り組むとともに,効率的・効果的な事業運営を行ってまいりました。

 経営状況については,企業動向が活況であったこと等の影響のため,給水収益は増加したものの,資産減耗費等の費用の増加により,2年連続で営業収支は赤字となりました。しかしながら,遊休資産の売却等の特別利益や新規加入による分担金等の営業外収益を計上した結果,純利益は3年連続の黒字を計上することができました。

収益的収支

資本的収支

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。