神戸市-KOBE-


千苅浄水場のあらまし

最終更新日
2018年2月13日

 千苅(せんがり)浄水場は、北区の開発や住宅団地の建設などによる人口の増加に対応するために建設され、昭和42年(1967年)4月に一部給水を開始しました。
 昭和49年(1974年)度から昭和51年(1976年)度にかけて拡張され、現在の浄水能力となりました。
 千苅貯水池からの水をきれいにして、北神地域に送っています。

 神戸市の水道は、六甲山系を境にして、琵琶湖・淀川を主な水源とする「市街地水道」と、千苅貯水池を主な水源とする「北神水道」の2つに大きく分けられます。
 北区の人口の増加や、事故や日照りによる水不足などに備えて、お互いに水を送ることができるように「市街地・北神連絡施設」を建設し、平成6年(1994年)1月から通水を開始しました。1日あたり5万立方メートルの水を市街地から北神に送水する能力があります。
 なお、北神水道事業は、平成8年(1996年)3月に市街地水道事業に統合されました。

施設の概要

所在地

神戸市北区道場町生野

敷地面積

20,000平方メートル

施設の配置

浄水能力

108,000立方メートル/日

沈でん池

4池  3,180立方メートル

急速ろ過池

96平方メートル×8池

排水処理施設

 水質汚濁防止法第2条第2項の「特定施設」に該当するため、急速ろ過池の整備とあわせて排水処理施設を整備し、昭和50年(1975年)から一部運転を開始しました。

活性炭処理施設

太陽光発電施設

 浄水場で必要とする電力の一部を太陽光で発電し、クリーンなエネルギーの利用による環境にやさしい水道づくりを進めています。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。