神戸市-KOBE-


水道工事をするときに水道局に納める費用はいくら?
(給水工事に関する水道局徴収費用一覧)

最終更新日
2019年9月10日

Q

水道工事をするときに水道局におさめる費用はいくら?

A

給水工事に関する水道局徴収費用一覧をご覧ください。

一例として、メータ口径20ミリメートル(六甲山上地区は別途)の場合は、
分担金(64,800円※)と設計審査手数料(600円)および完成検査手数料(2,000円)の合計が必要となります。(合計金額:67,400円※)
※消費税率8%の場合

なお、水道本管(配水管)からの分岐工事は、お客さまとの契約に基づき「指定給水装置工事事業者(市指定の工事業者)」が行います。

その他、建物の玄関付近に掲げていただく水道設備の番号(水栓番号)を記載した標識の設置費用が必要になります。

工事費はすべて指定給水装置工事事業者にお支払い頂くことになります。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。