神戸市-KOBE-


水道修繕受付センター

最終更新日
2018年10月22日

水道修繕受付センター

 水道局費用負担で修繕する範囲がありますので、
「水道修繕受付センター」をご利用ください。

フリーアクセス(通話料無料) 0120−976−194
“きゅうなろうすい ハイ いくよ”(急な漏水 ハイ 行くよ) と覚えてください。

※ 兵庫県内と大阪府の一部の固定電話および同エリアから中継された携帯電話に対応します。

水道修繕受付センターとは

 お客さまへの確実・良質な給水装置の修繕サービスの提供を目的として、
水道局が開設した組織です。
 概ね3年ごとにグループ業者を応募・選定し、委託契約により運営しております。

修繕受付センター案内シール※「水道修繕受付センター」PRのため、貼って剥がせる案内シールを平成30年7・8月期に市内全戸へ配布しております。
冷蔵庫・電話機等、目の届くところに貼っていただき、是非ご活用下さい。
(案内シールは今後も水道週間などの各イベントでの配布を行う予定です。)

水道修繕受付センターの業務内容

   お客さまへの確実・良質な給水装置の修繕サービスの提供を目的として、
  24時間365日の電話受付と「水道局が費用負担する範囲の修繕」を行います。
   また、「お客さまが費用負担する範囲の修繕」も自主事業として行います。

   標準的な修繕料金についてはこちら
    委託先:水道修繕受付センター(外部リンク)

給水装置について

 「給水装置」とは、水道局が布設した配水管から分岐して設けられた給水管
及びこれに直結する給水用具(じゃ口など)のことをいいます。

 「給水装置」は、水道局が貸与しているメーター以外はお客さまの財産であり、
修繕などの際にかかる費用は、原則として
お客さまの負担です。

修繕

水道局が費用負担する範囲の修繕

    ○ 道路部での漏水
       道路部で漏水が発生した場合(上図B)は、
       2次被害(道路陥没等の通行への支障)を回避するために、
       水道局の費用負担で応急の漏水修繕を行います。
    ○ 宅地内での漏水
       道路境界からメーターまでの間(上図@)で漏水が発生した場合は、
       「部分的な応急の修繕」に限り 水道局の費用負担※で漏水修繕を行います。
       水道修繕受付センターにご相談ください。


    ※ 修繕において、植樹、レンガやタイル、コンクリートなどの、舗装、擁壁石積などの構造物を
        取り壊す必要がある場合、その復旧はお客さま費用負担になります。
        なお、モルタル土間(厚さ5p程度)での復旧は水道局負担で行います。
          また、水道局で費用負担するのは漏水に伴う「部分的な応急の修繕」に限るものであるため、
        給水管の更新については、「水道局が費用負担する範囲の修繕」であっても、お客さまの費用負担で取替えをお願いしています。

「お客さまが費用負担する範囲の修繕」

      宅地内の給水装置のうち、メーターからじゃぐちまでの間(上図A)での漏水修繕です。
    「水道修繕受付センター」または「指定給水装置工事事業者」に依頼し、
    お客さまと修繕業者との契約(お客さまの責任)において実施してください。

    (取替えの目安)
      1.過去に複数の漏水履歴(部分的な修繕)がある給水管
      2.布設から30年以上経過している給水管

      漏水により、水の出が悪くなったり、道路陥没などを招く恐れがあるので、
      早期に修理する必要があります。

      ※ 指定給水装置工事事業者のうち、修繕対応可能業者一覧を掲載しています。

          給水設備修繕対応可能業者一覧