神戸市-KOBE-


行ってみよう!ポートアイランド処理場

最終更新日
2014年8月5日

ポートアイランド処理場正面玄関


ポートアイランド処理場は、1980年5月に供用を開始しました。下水道の大切さをたくさんの人に知ってもらえるよう、映像やクイズ形式で下水処理のしくみを紹介する「下水道展示室」や、下水道工事現場の様子を体験できる「もぐらんど」があり、楽しく神戸の下水道を知ることができます!
また、中央公園では、処理場できれいになった水を使って作った、せせらぎや池もあり水どりや熱帯魚に会うこともできます!

「ポートアイランド処理場」ってどんなところ?

「神戸市まちとくらしの下水道展示室」看板

モグローともぐみの看板が目印の建物には「下水道展示室」があります。
また、外には「もぐらんど」や生き物たちがすむ池があります。

高度処理水で作った池

処理場の中には、下水を消毒してきれいになった水で作った池がたくさんあり、熱帯魚・金魚・小動物などがすんでいるよ!

「下水道展示室」ってどんなところ?

下水道展示室内部

下水道展示室では、「動いて・動かして・見て・聞いて!」体感型映像や模型・下水道クイズ下で下水道処理のしくみを楽しく学ぼう!

モグローもぐみの写真パネル

入口では、モグローともぐみのパネルがお出迎え。
下水道作業員のパネルに顔を入れて、一緒に写真を撮ることができるよ!

下水をきれいにする仕組みを体感するコーナー

赤い矢印のところに立つと、下水をきれいにする様子を体感型映像「にごりバスターズ」で体験できます。テレビ画面に映された汚れた水を、体を動かしてきれいにしよう!

下水道にしくみを紹介したパネル

家から出た汚れた水の行方をボールに見立て、下水処理の流れを説明していています。下水処理場の模型の中を汚水ボールがどんどん転がっていくよ!

「下水道クイズやスタンプコーナーもあるよ!」

「もぐらんど」ってどんなところ?

もぐらんど外観

モグローともぐみが下水道工事をしているイラストがかかれている「もぐらんど」では、下水道工事の様子を紹介しているよ!

もぐらんど入口

入口のドアを開けると「山岳処理爆発体感コーナー」があり、実際に下水トンネルをつくる工事の様子が映像と振動で体感することができます。

シールド工法で作られたトンネル

「シールド工法」によってできた下水トンネル。


○○● 「シールド工法」ってなに?? ●○○
シールドとよばれる鉄の筒でできた、穴を掘る機械を地中に押し込み、その後に鉄の枠を組み立てながらつくるトンネルの作り方。

シールド工法で作られたトンネル内部

実際に再現したトンネル内の中に入って、下水道工事に使う機械やトンネルの様子を近くで見てみよう!

ブームカッターシールドの模型



「ブームカッター式シールド」の模型。


○○●  「ブームカッター式シールド」ってなに??  ●○○
もぐらんどの建物のモデルになっている機械で、先にあるカッターが回転し、地盤を開きトンネルを作る時に使う機械のこと。

「中央緑地のせせらぎ」ってどんなところ?

中央緑地のせせらぎ

ポートアイランド処理場で、消毒してきれいになった水を使って作ったせせらぎでは、水辺には草花が咲き、せせらぎでは魚や小動物が生活しています。

せせらぎで、水どりが水遊びをする様子

天気のいい日には、水どりが水遊びをしにやってくるよ!

行ってみよう!ポートアイランド処理場!

所在地

ポートアイランド処理場地図

▽所在地:神戸市中央区港島中町8丁目4ポートアイランド処理場(下水道展示室・もぐらんど)

▽アクセス方法:ポートライナー「市民広場」駅又は「南公園」駅下車徒歩約8分



▽中央緑地のせせらぎ:ポートアイランド処理場より南へ徒歩約5分

下水道展示室の見学方法



※下水道展示室は、開館時間内であればいつでも見学可能です。


▽開館時間:平日10時〜16時
▽休館日:土曜・日曜・祝日年末年始(12月28日〜1月4日)
▽入場料:無料

処理場・もぐらんどの見学方法



※処理場・もぐらんどの見学を希望される場合は、下記をご参照願います。


▽事前申込必要:10日前までに(078)302-0425まで電話の上、書面提出要
▽見学可能人数:10〜50名(ただし小学生は120名まで可能、10名未満は要相談)
▽見学可能日時:平日10時〜16時 
▽休館日:土曜・日曜・祝日年末年始(12月28日〜1月4日)
▽入場料:無料

モグローともぐみ