神戸市-KOBE-


交差点へのカーブミラーの新たな設置について

カーブミラーは、見通しが悪い交差点で、他に有効な交通安全対策が実施できない場合などに限り、
ドライバーの安全確認の補助的施設として設置しています。

交差点ごとに道路の形態・使われ方・沿道状況などが異なります。
現地を確認し、総合的に設置の必要性の判断をしています。
また、沿道の方や自治会など地域団体の同意もいただく場合があります。

個別具体の内容につきましては、「建設局各建設事務所」まで、お問い合わせください。

カーブミラーの特性1

交通安全を100%確保することができる道路施設ではなく、設置によるデメリットもあります。

死角があり、歩行者や自転車を見落とすことがあります。



カーブミラーの死角

過信して交差点への進入速度を落とさず通行する車が増える場合もあります。
目標物が小さい場合は視認しづらいため、歩行者・自転車を視認するためのミラーは、原則設置していません。

スピード過信

カーブミラー特性2

左右が逆に映ります。

左右反転

カーブミラー特性3

近隣の民家が写り込む、反射光が窓から入り込む、などの問題もあります。

民家映り込み