神戸市-KOBE-


「三宮プラッツ改修工事設計業務」委託事業候補者の決定

  • [8月23日]公募要領の配布は終了しました。
  • [9月1日]公募に関する質問の受付は終了しました。
  • [9月26日]提案書の提出を締切りました。

 本市では、三宮中央通り駐車場に隣接する「三宮プラッツ」が、「『にぎわい』『いこい』の空間」となることを目指し、必要となる施設改修の設計を行う事業者を選定するにあたり、プロポーザルを実施いたしました。
 学識経験者等で構成する委託事業者選定に関する委員会において審査を行った結果、下記のとおり委託事業候補者を決定しました。

◆委託事業候補者◆
  株式会社 畑友洋建築設計事務所(神戸市中央区)

◆提案内容◆
 ■活動を映し出すシンボルとなる屋根の提案
 ・三宮プラッツでの活動そのものがシンボルとなるよう、活動を映し出す下面を鏡面仕上げした屋根の設置
 ・屋根にゲートとしてのサイン機能を持たせ、街と港を結ぶことで都心の回遊性をサポート
 ・屋根は多面体形状とし、音を多様に拡散させる音響反射板として機能
 ・夜間イベント時には、照明により広場と階段を有効に照らすことで、万華鏡のように輝く夜間の新しい景観を創出
 ■その他の提案
 ・階段の一部をベンチとして配置しデッキ仕上げ  ・エレベータ塔と給気塔の上部の緑化 など

○イメージパース(通常)

  • 昼パース

○イメージパース(夜間)

  • 夜パース

◆講評◆
  都心のにぎわい・憩いの空間としての活用を目指している三宮プラッツにおいて、立地特性(ビル群の狭あいな場所)を考慮したランドマーク機能、にぎわい性(日常および非日常)を考慮したイベント機能の2つの機能の両立が求められました。決して広くはない場所であることから、ややもすると矛盾しかねない2つの機能の両立について、上手く解決しているアイディアか否かが、維持管理などの他の評価項目とともに、審査の大きなポイントとなりました。
  委託事業候補者の提案は、サンクン広場をシンプルに仕上げ、様々なイベント活用形態が可能な空間としつつ、その活動風景を天井面に映し出す屋根を都心の新しいランドマークとする「三宮プラッツでの活動そのものがまちのシンボル」というユニークな発想が、2つの機能の両立という点からも評価されました。また、評価項目全般において一定レベル以上の評価があり、このうち企画力・実現性において比較的高い評価でした。加えて、維持管理の面でも高評価であったことが、本提案を選定した要因となりました。
  ただし、今後の設計段階において、エレベーター塔のデザイン性の向上、屋根のメンテナンス方法についても、さらなる検討を期待いたします。
  最後に、本プロポーザルでは、通常と夜間のイメージを示すパース、実現性評価のための概算工事費の算出など、提案資料の作成に時間と労力を要する内容であったにもかかわらず、多くの方々よりご提案をいただきました。本プロポーザルにご参加いただき、ご提案をいただいた全てのご提案者の方々に、心より敬意を表したいと思います。

◆応募状況◆
  ・提案者数   :20者
  ・一次審査通過者(プレゼンテーション実施者):9者

◆一次審査通過者◆(エントリー順)
  ・株式会社 オデッセイ オブ イスカ
  ・SUPPOSE DESIGN OFFICE 株式会社
  ・一級建築士事務所 坂東幸輔建築設計事務所
  ・株式会社 ティーハウス建築設計事務所
  ・株式会社 畑友洋建築設計事務所
  ・タトアーキテクツ
  ・株式会社 アール・エフ・エー
  ・株式会社 y&M design office
  ・株式会社 田中花巻事務所

◆審査の概要◆
  ・20者から提案があり、一次審査において、主に三宮プラッツの改修工事設計に関すること(企画力、デザイン性、実現性、維持管理・メンテナンス性)の視点から、プレゼンテーションを実施していただく事業者を選定
  ・プレゼンテーション審査により総合的に評価をした結果、委託事業候補者1者を選定

◆最終審査結果◆
  ・委託候補事業者 141.4点
  ・次点      140.8点
  ・3位      128.2点
  ・4位      127.0点
  ・5位      122.3点
  ・6位      122.1点
  ・7位      121.1点
  ・8位      105.1点
  ・9位      95.5点

◆選考委員◆
 「三宮プラッツ改修工事設計業務」事業者選定に係る有識者会議
  会長  長濱 伸貴  神戸芸術工科大学大学院教授
  委員  高濱 史子  工学院大学非常勤講師/高濱史子建築設計事務所代表
  委員  山下 裕子  全国まちなか広場研究会理事/一般社団法人明石観光協会観光振興アドバイザー
  委員  永田 耕一  三宮中央通りまちづくり協議会会長
  委員  天宅  正  神戸市クリエイティブディレクター
  委員  井垣 昭人  神戸市住宅都市局建築技術部長
  委員  林  泰三  神戸市建設局道路部長

◆委託事業候補者選定までの経緯◆

8月14日(月曜)公募開始
8月23日(水曜)公募要領配布期限
8月30日(水曜)参加表明書提出期限
9月1日(金曜)質問受付締切
9月12日(火曜)質問の回答
9月26日(火曜)企画提案書締切
10月11日(水曜)プレゼンテーション・審査/事業者(候補者)の決定

◆今後のスケジュール◆
  委託事業候補者による設計終了後、平成30年度以降に改修工事を行う予定です。
  ※スケジュールについては、予算の状況により変更の可能性があります。また提案内容については、関係者協議や構造検討の段階で一部変更になる場合があります。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。