神戸市-KOBE-


5.洪水ハザードマップとは(平成26年4月更新)

最終更新日
2014年4月8日

洪水ハザードマップは、洪水時の堤防の決壊などによる浸水被害状況(浸水しそうな区域やその深さ)の予想図(これを「浸水想定区域図」と言い、兵庫県が作成します)をもとに、避難場所や避難方法などの情報を地域の皆さんに分かりやすく提供し、すばやく安全に避難できることを目的に作成するものです。

《洪水ハザードマップの一例(北区・武庫川水系)》

水害への備えのほかの項目