神戸市-KOBE-


3.過去に神戸市で起きた水害(昭和の3大水害)

最終更新日
2009年5月22日

昭和の3大水害〜阪神大水害(昭和13年)、昭和36年水害、昭和42年水害

 ★阪神大水害(昭和13年)
 昭和13年7月3〜5日にかけて、台風に刺激された梅雨前線は神戸市に集中豪雨をもたらし、死者616名、被災家屋は約9万戸にも達する大水害が起きました。

 川はあふれ、岩や倒れた木が混じった土石流が市街地に流れ込み、周辺は見渡す限りの泥の海となりました。
 この災害を契機として六甲山系の砂防事業や表六甲の河川改修事業が国や県により本格的に行われることとなりました。

 【データ】
  総雨量:461.8mm(7月3日:49.6mm、4日:141.8mm、5日:270.4mm)
  1時間当たりの最高雨量:60.8mm(7月5日)

三ノ宮駅付近の様子   <三ノ宮駅付近の様子>

 ※昭和13年の阪神大水害の写真は、「神戸 災害と戦災 資料館」でもご覧いただけます。

 ★昭和36年水害
 昭和36年6月24〜27日に発生した集中豪雨により、死者26名、被災家屋は約2万戸に及ぶ水害が起きました。

 宅地造成現場や傾斜地での被害が大きく、また山陽電鉄は約半月間不通になるなど、阪神大水害に次ぐ記録的な被害を受けました。
 宅地造成等規制法制定のきっかけとなりました。

 【データ】
  総雨量:472.1mm(6月24日:76.8mm、25日:195.2mm、26日:127.7mm、27日:72.4mm)
  1時間当たりの最高雨量:44.7mm(6月27日)

下山手通9丁目付近の様子   <下山手通9丁目付近の様子>

※昭和36年水害の写真は、「神戸 災害と戦災 資料館」でもご覧いただけます。

 ★昭和42年水害
 昭和42年7月9日、熱帯低気圧となった台風7号が西日本に停滞する梅雨前線を刺激して集中豪雨をもたらし、死者84名、被災家屋は約4万戸に及ぶ水害が起きました。

 昭和13年の阪神大水害のデータと比べると、1日当たりの雨量や1時間当たりの最高雨量は阪神大水害を上回りましたが、被害は阪神大水害よりかなり小さくてすみました。
 これは昭和13年以降の河川改修や砂防・治山事業の効果が現れたためと考えられています。
 政令市による河川改修制度の創設(昭和45年)のきっかけとなりました。

 【データ】
  総雨量:319.4mm(7月9日:319.4mm)
  1時間当たりの最高雨量:75.8mm(7月9日)

北長狭通8丁目付近の様子   <北長狭通8丁目(今の宇治川商店街)付近の様子>

 ※昭和42年水害の写真は、「神戸 災害と戦災 資料館」でもご覧いただけます。

水害への備えのほかの項目