神戸市-KOBE-


修繕について

住宅の修繕について

入居中は使用している住宅及び共同施設について常に必要な注意を払い、これらを正常な状態で維持管理していただく必要があります(入居者の保管義務)。
具体的には、構造上重要でない部分(畳・建具の張替え、給水栓の故障、換気扇、ドアチェック、ドアスコープ、スイッチ等)の修繕については、入居者の負担となります。
また、流しの排水管及びトイレの排便管の詰まりの修繕についても、入居者の負担となります。
なお、構造上重要な部分(床、柱、天井、防水関係等)、及び共同施設(給水・電気・ガス施設・道路等)については神戸市で修繕を行いますので、神戸市営住宅管理センターへお問い合わせください。

修繕費の負担区分

神戸市と入居者との修繕費の負担区分は「修繕費負担区分表」のとおりとなっています。ただし、「修繕費負担区分表」で市の負担区分とされている項目についても、その破損等の原因が入居者の責任による場合は、入居者の負担となります。

改善工事について

改善工事とは、建設後の経年劣化により、改修を要する住宅や付帯設備、共同施設について、建設年次や劣化・破損状態の調査をもとに年次計画をたて、神戸市が計画的に実施する工事のことです。工事の際には、建物の周囲に足場を組んで、外壁や鉄部の塗装、屋上の防水工事などを行いますので、ご不便をおかけしますが、ご協力をお願いいたします。なお、入居者の責任により、共用部を破損した場合、それにかかる工事費は入居者の負担となります。また、専有部の全体改修工事の際、入居者都合により修繕を希望されない場合は、後日の修繕については入居者の負担で行っていただくことになります。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。