神戸市-KOBE-


市営住宅におけるアスベストを含む吹付け材の使用状況について

最終更新日
2017年7月6日

神戸市営住宅における吹付けアスベスト等の使用実態について(平成29年7月6日公表)

 平成29年6月に公営住宅等に使用された吹付けアスベスト等に係る一連の報道があり、これを受けて、公営住宅等に使用された「吹付けアスベスト」「アスベスト含有吹付けロックウール」(アスベストを0.1重量%超含有しているものに限る。)に関して情報提供を行うよう、国土交通省から通知がありました。

 神戸市においては、既に、「平成29年6月12日のNHK報道等で公表された市営住宅」について情報を提供いたしましたが、国土交通省の通知に従い、改めてアスベストの使用に関する情報を精査した上で情報提供を行います。

 今回は、居住者の使用に供する部分に加え、通常は施錠されておりお住まいの皆様が出入することがないポンプ室や機械室等について情報提供いたします。(前回公表した「ひる石吹付け」については「アスベスト繊維が飛散しにくい」建材であり、このたびの通知の対象とはなっていません。)

なお、調査結果に関するお問い合わせやアスベストに関する健康相談については、下記窓口までご連絡ください。

平成29年6月12日のNHK報道等で公表された市営住宅について(平成29年6月23日公表)

 平成29年6月12日、NHKのニュースや番組放送において、昭和31年から平成18年頃に全国で建設された「公営住宅のアスベストの使用状況調査」の報道がありました。

 神戸市では、平成17年に市営住宅を含む市有施設において、露出した吹付けアスベスト等の含有一斉調査を実施し、また、平成18年にも再調査を行っています。その結果、住居内の居室や便所の天井に使用していたものが、2団地・225戸、またエレベーターホールの天井に使用していたものが、1団地・1箇所でした。これらのアスベストについては、平成21年度に除去・囲い込み等の対策工事を完了しています。

 なお、対策工事を実施する前に「室内の空気中のアスベスト濃度測定」を実施しており、周辺の大気中の環境と同じ水準であることを確認しています。

このたび、NHK報道等で公表された市営住宅について、アスベスト含有吹付け材の使用状況を公表いたします。

ひる石吹付けについて

 「ひる石吹付け(バーミキュライト)」や「パーライト吹付け」は、国土交通省の実態調査で有意なアスベスト繊維の飛散は確認されなかったことから、社会資本整備審議会建築分科会アスベスト対策部会の審議を踏まえ、建築基準法の規制の対象とはなっていません。

市営住宅のアスベスト使用に関する窓口

 神戸市 住宅都市局 住宅部 住宅建設課  
 電話:078−322−5578
 8時45分から17時30分(土・日・祝は除く)

アスベスト問題に関する健康相談窓口

     相談窓口・お問い合わせ先電話番号  受付時間
東灘保健センターあんしんすこやか係841ー4131




8時45分から
17時30分
(土・日・祝は除く)
灘保健センターあんしんすこやか係843ー7001
中央保健センターあんしんすこやか係232ー4411
兵庫保健センターあんしんすこやか係511ー2111
北保健センターあんしんすこやか係593ー1111
北保健センター北神支所あんしんすこやか係981ー8870
長田保健センターあんしんすこやか係579ー2311
須磨保健センターあんしんすこやか係731ー4341
須磨保健センター須磨支所あんしんすこやか係793ー1313
垂水保健センターあんしんすこやか係708ー5151
西保健センターあんしんすこやか係929ー0001
保健所調整課322ー6517

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。