神戸市-KOBE-


バリアフリー住宅改修補助事業 ※平成28年度の受付は終了いたしました。

最終更新日
2016年9月16日
  • [9月16日]予算額に達しましたので、平成28年度の受付は終了いたしました。(2016年9月16日)

高齢者夫婦神戸市では、要支援・要介護認定を受けていない高齢者がいる世帯を対象に、手すりの設置及び段差解消などのバリアフリー改修工事にかかる費用の一部を補助しています。

1.制度の概要

(1)補助対象世帯

下記の全てに該当する世帯
1.神戸市にお住まいで、自らが住む住宅をバリアフリー化しようとする65歳以上の高齢者がいる世帯
2.世帯員全員が要支援又は要介護認定を受けていないこと
3.世帯の年収が700万円未満、市民税を滞納していないこと

(2)補助対象住宅

・対象世帯が居住する神戸市内の既存住宅
・戸建住宅・共同住宅、専用住宅・併用住宅、持家・借家を問わない
・共同住宅の場合は、専有部分のみを対象とする
・併用住宅の場合は、専ら居住の用に供する部分のみを対象とする
・借家の場合は、所有者がバリアフリー改修工事を承諾をしていること

(3)補助対象工事

・補助対象世帯が居住する住宅における下記のバリアフリー改修工事で、交付決定日以降に着手し、交付決定年度内に実績報告書を提出できるもの
・神戸市内に本社、支店、営業所などを有する中小施工業者が行う工事であること
※必ず、施工業者と書面にて契約等を行うこと

 
対象箇所対象工事
浴室
洗面所
手すりの取り付け
段差解消 ※2
便所手すりの取り付け
段差解消 ※2
廊下手すりの取り付け
段差解消 ※2
階段手すりの取り付け
滑り止めの取り付け
玄関 ※1手すりの取り付け
段差解消
※1:玄関から道路までの通路を含む
※2:すり付け板を除く

※「神戸の住宅設計基準(コ−デス)」を参考とすること

(4)補助率と補助金額

・市民税課税世帯は、対象工事費(上限18万円)の1/3を補助(最大6万円)
・市民税非課税世帯は、対象工事費(上限18万円)の2/3を補助(最大12万円)

2.申請方法と申請書類等

・受付期間:平成28年4月1日(金曜)より順次受付※
※予算額に達しましたので、平成28年度の受付は終了いたしました。(平成28年9月16日時点)
 
・工事着手前に、申請書に必要書類を添えて、神戸市すまいとまちの安心支援センター(すまいるネット)へ郵送もしくは持参してください。
※工事着手後の申請は補助対象になりません。
・申請者は65歳以上の高齢者とします。

(1)申請時の提出書類

【必ず提出する書類】
 1.補助交付申請書(様式第1号)
 2.工事見積書のコピー
 3.住宅の見取り図
 4.工事予定箇所の写真(様式第2号)
 5.住民票の写し(世帯員全員分)※コピー可
 6.所得・課税証明書(世帯員全員分)※コピー可
 7.介護保険証のコピー(交付を受けた世帯員全員分)
 【該当している方のみ提出する書類】
 ・申請事務を代行させる方
   (1)事務代行届(様式第3号)
 ・借家にお住まいの方
   (1)賃貸借契約書のコピー(所有者及び賃借人がわかるもの)
   (2)住宅改修に係る承諾書(様式第4号)

※詳細は事業案内パンフレットにてご確認ください。

(2)工事完了後の提出書類

1.補助事業実績報告書(様式第10号)
2.工事請負契約書等のコピー
3.領収書のコピー
4.工事完了箇所の写真(様式第11号)
5.補助金請求書(様式第13号)
6.通帳のコピー

3.申請先

すまいるネットロゴマーク神戸市すまいとまちの安心支援センタ−「すまいるネット」
〒651−0096 神戸市中央区雲井通5丁目3−1サンパルビル4階
電話078-222-0186(10:00〜17:00、水曜・日曜・祝日を除く) 

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。