神戸市-KOBE-


空き家・空き地地域利用バンク

最終更新日
2019年9月5日

 空き家を地域の居場所、図書館、子ども食堂など、空き地をコミュニティ農園や防災倉庫置き場など、地域活性化に資する交流拠点等に転用するため、空き家等活用相談窓口と連携し、神戸市内の空き家・空き地・空きスペースの所有者と、地域活動の場(拠点)を探している団体とを下記の事業を通じて橋渡しを行います。
●空き家等所有者・利活用希望団体からの相談対応、情報登録
●ホームページなどで空き家等所有者・利活用希望団体の情報発信
●イベント開催や関係団体等の協力によるマッチングの機会づくり

◆相談・登録◆

神戸市すまいとまちの安心支援センター’すまいるネット’
神戸市中央区雲井通5-3-1サンパル4階
相談時間 9時15分から18時まで 水曜、日曜、祝日は除く
電話番号 078-222-0186

すまいるネットは、令和元年9月27日(金曜)より、新長田へ移転します。移転に伴い、空き家・空き地地域利用バンクの電話番号も変更となりますのでご注意ください。
移転先 神戸市長田区二葉町5‐1‐1アスタくにづか5番館2階
移転後の電話番号 078‐647‐9988

◆登録・利用の流れ◆

登録・利用の流れ空き家等所有者、利活用希望団体ともに、すまいるネットに登録をいただき、情報(公開内容については相談のうえ決定いたします)をホームページ上で公開します。お互いの条件があえば、すまいるネットにて顔合わせをセッティングいたします。詳細は、すまいるネットまで、まずは、お気軽にご相談ください!
※本事業は、引き合わせの機会を設けるところまでのため、当事者間で、家賃等の交渉や契約事務を行っていただきます。アドバイスが必要な場合は、ご相談ください。
※物件が利活用に適しているか、また、利活用団体が制度の趣旨に適しているか審査させていただくため、登録できない場合があります。

◆補助制度◆

空き家・空き地を地域活動の場として利用する場合、下記の補助制度があります。

神戸市空き家再生等推進事業(改修費補助)

 空き家、空き建築物を地域活動や地域住民の交流拠点等の用途に活用する民間事業者等に対して、改修費の補助を行います。
 ただし、10年以上地域コミュニティ維持・再生を目的とした事業に利用することや、耐震性が確保されているまたは改修により確保することが必要など、一定の条件があります。
 詳しくは、下記をご覧ください。

神戸市空き家地域利用部分リフォーム補助事業(部分改修費補助)

 戸建てまたは長屋の空き家(市街化区域内に限る)を、交流施設等に活用する場合、活用団体等に対して、部分的に行う改修費の補助を行います。
 詳しくは、下記をご覧ください。

神戸市空き家地域利用片付け支援事業(家財処分費補助)

 空き家・空き地地域利用バンクに登録した空き家所有者に対して、登録した空き家にある家財道具の処分や整理にかかる費用の補助を行います。
 詳しくは、下記をご覧ください。

神戸市空き家建築基準法適合状況調査補助事業(調査報告書取得費補助)

 検査済証のない空き家をグループホームや保育所等に活用する事業者等に対して、建築基準法適合状況調査報告書の取得にかかる費用の補助を行います。
 詳しくは、下記をご覧ください。

神戸市空き地地域利用事業(整備費補助・税額相当額補助)

 空き地を地域利用に活用する団体に対して、整備費の補助を行います。
 また、空き地所有者に対して、活用団体に3年以上無償で貸す場合、固定資産税、都市計画税の税額相当分(1年間分)を補助します。
 詳しくは、下記をご覧ください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。