私たちの取り組み 〜六甲山森林整備戦略〜

戦略的ゾーンの設定〜六甲山の将来像実現にむけて〜

六甲山の森林の将来像を実現するためには、森林の持つ多様な機能を十分に発揮させる施策が求められます。
そこで、六甲山の森林に求められる機能ごとに、六甲山全体を詳細に分析評価し、戦略的ゾーニング(「森林の持続的な整備・管理を進めるための先導的森林整備ゾーン=戦略的ゾーン」の設定)を行い、ゾーンごとの目標像や森林整備方針を定めました。

■戦略的ゾーニング

下記の図をクリックすると大きく表示します。

整備の方針と事例

  • 災害防止の森
  • 生きものの森
  • 地球環境の森
  • 景観美の森
  • 憩いと学びの森
災害防止の森
災害防止を目的とした森林整備を進めるゾーン

「多様な林齢・樹種が混交する土砂災害等の防止効果が高い森林」

  • ○地表面が低木・下草などに覆われ、表面侵食防止効果・水源かん養効果が高い森林
  • ○多様な林齢・樹種の組み合わせによって発達した根系の土壌緊縛力による表面崩壊防止効果・洪水緩和効果が高い森林
  • 整備前

  • 整備後

  • 【整備のイメージ】
    森林整備と土留め柵の併用

事例:新神戸駅北側斜面

  • ○新幹線新神戸駅北側に隣接、北野方面に至る背山散策路に接する区域では、照葉樹のアラカシ、クスノキが高木層から亜高木層にかけて優占し、林床に日光が届かない状況だった。重要な都市施設に隣接することから、平成24年度に図の範囲で、低林管理、林相転換、林内環境改善を目的に整備を行った。同時に急峻な崖地には防災工事を施工している。
  • 伐採後の状況については、モニタリングを実施している。

  • 作業前

  • 作業後8ヶ月

  • 作業後5年

生きものの森
生物多様性保全を目的として場に応じた
維持管理を進めるゾーン

「近畿圏の骨格的生態系ネットワークの一部を成す森林」

  • ○ブナ林、シイ・カシ林等の自然林や、貴重群落などが適切に保全されている森林
  • ○間伐などの森林整備によって、多様な樹種により構成された下層植生の発達した、様々な生物が生息・生育する森林
  • ○六甲山系と周辺地域を含めた生態系ネットワークが形成されている森林
  • 整備前

  • 整備後

  • 【整備のイメージ】
    六甲山のブナ林
    出典:神戸市教育委員会:デジタル化
    ・神戸の自然シリーズ「白岩先生の植物教室」

事例:兵庫区平野町(七三峠周辺)

  • ○兵庫区平野町の森林で生物多様性の評価が高い区域、全山縦走路(鍋蓋山付近)の南側にあたる。市有林が多く、森林空間総合整備事業により下層植生の回復を目指し、広葉樹林の整備を行っている。
地球環境の森
二酸化炭素の吸収能を高めるための
森林整備を進めるゾーン

「二酸化炭素の吸収効果が高く、エネルギー等として活用されている森林」

  • ○間伐や植林等により若い樹木が生育し、二酸化炭素吸収機能が高く、ヒートアイランド現象など市街地の気候緩和効果に寄与する森林
  • ○間伐材等の森林生産物が木質系バイオマスエネルギー等として有効に活用されている森林
  • 整備前

  • 整備後

  • 【整備のイメージ】
    手入れ後の人工林

事例:北区唐櫃周辺

  • ○北区の有野町唐櫃は、六甲山系の中では人工林の多い箇所である。主として地元の農協が所有している人工林の間伐を進めている。
  • ○間伐の実施に関しては、地元の組合が事業主体となった事業の他、治山事業による調整伐などの事業を導入して実施した。
  • 作業前

  • 作業後(土留め工の設置)

  • 地元組合による間伐作業

景観美の森
施設やハイキング道周辺の景観整備を進めるゾーン

「都市景観のシンボルとなり、四季を感じる多様で美しい森林」

  • ○新緑・紅葉・花の美しい広葉樹など、多様な樹種により構成されるデザイン都市・神戸を象徴する美しい森林
  • ○間伐や下刈りなどの適切な管理により、林床の山野草などが観賞できる美しい森林
  • ○マツ枯れ、ナラ枯れに対し、適切な防除が実施され景観が保全されている森林
  • 整備前

  • 整備後

  • 【整備のイメージ】
    手入れ後の広葉樹林

事例:中央区神戸港地方(二本松林道沿い)

  • ○六甲山の主要なハイキング道沿いなど適切な管理により明るい森づくりに努めている。
  • ○二本松林道は再度ドライブウェイから国道428号を結ぶ林道で六甲山の展示林的な面もあり、多くの人に親しまれている。市有林が多く、森林空間総合整備事業により広葉樹林の整備を行っている。また、伐採木の活用についても取組んでいる。
憩いと学びの森
森林体験や環境学習の場として
各種モデル的な整備を進めるゾーン

「多様なレクリエーションや新たな利用が展開する森林」

  • ○明治以降のレクリエーション利用の場としての歴史を学ぶことができる森林
  • ○気軽なハイキングから本格的な登山まで、多くの市民の健康づくりにも寄与する森林
  • ○六甲山系の自然や歴史、文化などを学べる施設を活用し、森林体験やエコツアーなどの多様なプログラムが展開できる森林
  • 整備前

  • 整備後

  • 【整備のイメージ】
    市民参加による森の手入れ

事例:灘区六甲山町

  • ○六甲山上の区域など、レクレーションの場としてふさわしい森林の改善につとめている。平成29年度から兵庫県の県民緑税事業から都市山防災林整備事業なども導入している。
  • ○また、六甲山上区域では、神戸市公園緑化協会の六甲もりづくり基金により「ブナの道」の整備などが行われている。
  • 兵庫県の県民緑税事業(災害に強い森づくり)
  • 環境省による展望眺望回復事業都市山防災林による整備

  • ブナの道の整備
    市民参加による森の手入れ

  • 都市山防災林による整備

私たちの取り組み
〜六甲山森林整備戦略〜

国・県・市の連携

六甲山に関わる行政機関の紹介

詳しくはこちら

リンク集