私たちの取り組み 〜六甲山森林整備戦略〜

森林整備戦略の推進〜多様な主体との連携〜

将来にわたって親しみ、活用できる森をみんなでつくります

本戦略の基本的な考え方である「多様な主体との協働による森林の育成、活用」、「森の恵みに対する新しい価値の創造」、「新たな仕組みや技術の導入による持続可能な森づくり」、「市民や企業が支える仕組みづくり」を実現するための取り組みを、一体的に進めます。

森林整備に関わるマネジメントを組織化します

  • ○六甲山に関わる多様な主体との連携による取組を北区有野町唐櫃、灘区六甲山町で実施しました。引き続き、地域と共により良い方法を検討し、他の地域でも可能な仕組みづくりをめざし、組織体系を確立させていきます。
  • ○多様な主体からの公的負担を有効に活用管理するとともに、地域の課題も把握した都市型森林整備を支援するコーディネーター育成も推進します。

森林整備費用を確保する仕組みをつくります

  • ○市民等の十分な理解のもと、森林の公益的機能を増進させる森林整備費用についての公的負担を整理し、その恩恵を受ける多様な主体からの費用負担の仕組みを検討します。(森林資源を活用した用材の販売、チップ・ペレットなどのバイオマス商品化の推進、六甲山ブランドを活用した商品化の推進)
  • ○神戸市の緑地保全事業基金を活用した私有林整備の支援及び(公財)神戸市公園緑化協会が管理し、六甲山の環境改善に活用する「六甲山もりづくり基金」の広報を充実させ、幅広い支援を仰いでいきます。

市民参画による森づくりをさらに進めます

  • ○六甲山の価値や魅力を広くPRするとともに、森林整備に関する情報発信として、フォーラムの開催、出前トークやHPの充実をすすめ、情報発信力の強化に努めます。
  • ○公財)神戸市公園緑化協会が民間事業者と一緒に取組む「Kobe もりの木プロジェクト」によるワークショップを通じて神戸の森と暮らしを守ることにつなげる機会を充実させていきます。
  • ○市民のみなさんが森に親しみ、森づくりに参加できる機会をつくります。

次世代の森林整備を担う人材を育成します

  • ○林業従事者だけでなく造園・土木分野も含め、森林整備を専門的に扱う人材を育成します。
  • ○国のグリーンベルト事業や県が主体となる森林整備支援とも連携しながら、公園や市有林等において、森林整備に携わる市民や活動団体への学習機会を充実させていきます。
  • ○多様な分野との連携により、地域雇用への貢献を図ります。

環境に配慮した基盤整備を行います

  • ○森林管理へのアクセスを改善し、ハイキング道にもなる管理道・管理歩道を整備します。
  • ○地形や地質に配慮したルート設定を行い、斜面崩壊等の災害防止や緑地や風致の保全とも両立させます。
  • ○自然環境の改変は必要最小限にとどめ、地域の環境や生態系に配慮した整備を行います。

森の恵みを多角的・循環的に利活用します

  • ○薪、木材等の直接利用できる森林資源の効率的な活用方法の実現に努めます。
  • ○大学等研究機関や市内立地企業と連携し、多分野の技術の情報にも配慮し、新たな森林資源利用の方法を検討します。

「六甲山ブランド」の形成を図ります

  • ○デザイナーや木材コーディネーターなどとの協働による 「森の恵み」を活用した商品開発や、「デザイン都市・神戸」の取組みと連携したブランドの拡大などにより、他にはないオリジナルのものづくりを推進します。
  • ○商品販売や、「ロゴマーク」の使用による売り上げの一部を、森の手入れの費用として還元できる仕組みづくりを進めます。

私たちの取り組み
〜六甲山森林整備戦略〜

国・県・市の連携

六甲山に関わる行政機関の紹介

詳しくはこちら

リンク集