神戸市-KOBE-


開催迫る!! アートプロジェクトKOBE2019:TRANS-(神戸のふるさと納税の使い道)

最終更新日
2018年11月15日

 2019年秋、ラグビーワールドカップ2019の開催にあわせて、兵庫港(運河)、新開地、新長田などのエリアを舞台に、現代アートを中心とした「アート・プロジェクトKOBE 2019:TRANS- 」を約2ヶ月間開催します。
 「TRANS-」では「アーティストとともにつくり、ひらく文化創生都市KOBE」をテーマに、世界で活躍するアーティストとして、ドイツの「グレゴール・シュナイダー」と神戸出身の「やなぎみわ」が、会場となる地域の歴史や文化などを作品の中で表現し、発表する予定です。
 アートを通じて開催地域の魅力を再発見し、アートのまちKOBEを世界に発信する取り組みを成功させるために、皆さまからのふるさと納税によるご支援をお待ちしています。
 
※いただいた寄附金は、「TRANS-」の開催のための財源として、大切に活用させていただきます。

  •  
  •  
  •  
  •  

 神戸市ではこれまで、5回の神戸ビエンナーレや、神戸開港150年記念「港都KOBE芸術祭」など、様々な芸術祭・アートプロジェクトを開催してきました。2019年秋の「TRANS-」についても多くの方にご来場いただけるよう、事業の企画や広報などに取り組んでいきます。

  •  

寄附のお申込みには、「ふるさとチョイス」をご利用ください。

下記の画像(バナー)をクリックしてください。