神戸市-KOBE-


神戸・里山暮らしを応援しよう!!(神戸のふるさと納税の使い道)

最終更新日
2018年11月15日

 神戸市は、国際港湾都市として名を馳せており、ビーフや洋食、洋菓子、日本酒など多種多様な食文化を有しています。一方、都市部から少し離れて西区や北区では豊かな農村地域、須磨・垂水沖には漁業地域が広がり、都市地域の食文化を支えています。
 その農漁業地域では全国的な傾向と同じく高齢化の波に晒されて、耕作放棄地や空家の増加など、神戸の「食」と「里」を守る担い手が減少しつつあります。神戸は、コンパクトなエリア内に都市と農村が近接している稀有な都市であり、この恵まれた環境を次世代に引き継ぐ必要があります。
 そこで、神戸市では、2015年度(平成27年度)から、神戸の農村地域への移住・定住をすすめる「神戸・里山暮らし」事業に取り組んでいます。2018年度(平成30年度)から新たに、神戸の都市地域と農漁業地域をつなぐ「人」のネットワークを構築します。

  •  
  •  

寄附のお申込みには、「ふるさとチョイス」をご利用ください。

下記の画像(バナー)をクリックしてください。