神戸市-KOBE-


これからもずっと、神戸の街にフルートの音色を♪(神戸のふるさと納税の使い道)

最終更新日
2018年11月15日

 神戸市では、世界3大フルートコンクールの1つに数えられる「神戸国際フルートコンクール」を、1985年から4年ごとに途切れることなく開催してきました。
 皆さまのご支援により2017年に開催した第9回大会では、世界各地から集結した46名のフルーティストが神戸文化ホールで頂点を目指して競い合い、過去最大の盛り上がりを見せました。また、コンクールを核として、多くの市民の皆さまに参画を得て「神戸国際フルート音楽祭」を開催し、約7万人の参加者の方々にフルートを中心とした音楽に親しんでいただきました。
 この盛り上がりを維持し、2021年に開催予定の第10回大会に向けて機運を醸成するために、2018年〜2020年にもまちなか・駅なかでのコンサートや、フルートの大人数演奏会などの事業を展開していきます。
 
 神戸から有望な若きフルーティストを世界の音楽界に飛翔させるとともに、神戸をフルートの音色あふれる「音楽のまち」にする取組みにふるさと納税を通じて参画してみませんか。
 いただいた寄附金は、神戸国際フルートコンクールの開催・運営等の財源として、大切に活用させていただきます。

  • フルートコンクール
  •  

 1万円以上の寄附をいただいた方には、神戸国際フルートコンクール特製フルート型チャーム付キーホルダーを贈呈いたします。また、氏名公表を承諾いただいた方は、第10回大会のプログラムに氏名を掲載いたします。(キーホルダーは2018年から2020年まで毎年デザインを変えて作成し、3種類揃えていただいた方には開催年に特典をご用意する予定です。)

  •  

寄附のお申込みには、「ふるさとチョイス」をご利用ください。

下記の画像(バナー)をクリックしてください。