神戸市-KOBE-


神戸の海、魚を守りたい(神戸のふるさと納税の使い道)

最終更新日
2018年11月15日

 神戸市では、かつての水産資源豊かな神戸の海にすることを目的として、神戸市立栽培漁業センターにおいて、ヒラメやマダイなどの稚魚を自分自身の力で生きていける大きさにまで育成し放流することで、漁獲量の増加を目指しています。
 本事業に寄付をいただいた資金は栽培漁業センターにおける稚魚栽培の経費の一部に使用させていただきます。

  •  
神戸市の漁業推移

 神戸市内の漁獲量は1991年(平成3年)の約9,000トンから、2017年(平成29年)は約3,200トンへと減少しており、神戸海域の水産資源の枯渇が危惧されます。

返礼品について

○5,000円以上寄付いただいた方
 神戸市立海づり公園ご招待券(4時間分)1枚

寄附のお申込みには、「ふるさとチョイス」をご利用ください。

下記の画像(バナー)をクリックしてください。