神戸市-KOBE-


ふるさと納税とは

1.ふるさと納税の概要について

ふるさと納税とは、自分の選んだ自治体に寄附(ふるさと納税)を行った場合に、寄附額のうち2,000円を越える部分について、所得税と市県民税から原則として全額が控除される制度です(一定の上限はあります。)。

2.寄附金税額控除の上限額について

寄附金税額控除の計算方法はこちらをご覧ください。
※詳しくは、お住まいの自治体へお問い合わせください。

3.ふるさと納税ワンストップ特例制度について

平成27年4月1日以降に行うふるさと納税については、確定申告が不要な給与所得者等で、ふるさと納税先が5団体以内の場合に限り、ふるさと納税先団体に申請することにより確定申告不要で控除を受けられる手続の特例が創設されました。


ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受けるためには、以下の申請書に記入の上、ふるさと納税先団体へ提出する必要があります。

マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)の導入に伴い、平成28年1月1日以降にふるさと納税を行い、ワンストップ特例制度を利用する場合は、マイナンバーの記載が必要となります。また、これに伴い、申請時に番号確認書類と身元確認書類の写しが必要となりますので、添付してご提出ください。
※神戸市では、特例制度の利用を希望される方には、寄附金の入金確認後、寄附受納書とともに申請書をお送りしますので、寄附申込時にその旨お知らせくださいますようお願いいたします。(寄附申込書にチェック欄を設けておりますので、ご確認ください。)

○提出済の申請書の内容に変更があった場合
引越し等で、提出済の申請書の内容に変更があった場合は、以下の書類をふるさと納税先団体へ提出する必要があります。

4.確定申告について

3.の「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を申請しない場合は、税制上の優遇措置を受けるために確定申告が必要となります。