神戸市-KOBE-


後期高齢者医療制度(平成20年4月1日施行)

最終更新日
2014年4月8日

平成20年4月1日から、「老人保健医療制度」に変わり「後期高齢者医療制度」が始まりました。

お知らせ

対象

後期高齢者医療制度の被保険者となった方のうち、高齢重度障害者医療費助成の対象となることがあります(障害要件、所得要件などの要件を満たす方)。詳しくは(高齢)重度障害者医療費助成をご覧ください。

内容

医療を受けるときには後期高齢者医療被保険者証を窓口で提示してください。受診にあたっては以下の一部負担金が必要です。

※現役並み所得者とは、同一世帯に住民税課税所得145万円以上の後期高齢者医療制度の被保険者がいる世帯の人をいいます。
ただし、課税所得145万円以上でも年収が次の金額に満たない人は、お住まいの区の区役所保険年金医療課(北須磨地区にお住まいの方は支所市民課)の介護医療係へ申請することにより1割負担となります。

後期高齢者医療制度の詳細については、兵庫県後期高齢者医療広域連合のホームページをご覧ください。

お問い合わせ

お住まいの区の区役所保険年金医療課(北須磨地区にお住まいの方は、北須磨支所市民課)介護医療係、または兵庫県後期高齢者医療広域連合まで。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。