神戸市-KOBE-


介護給付費等過誤申立の手続

最終更新日
2017年11月15日

介護給付費等過誤申立書の提出期限と提出先

 毎月14日(14日が閉庁日の場合はその直前の開庁日)までに、過誤申立書に記載した被保険者の資格区(支所)の介護医療係へ持参又は郵送にてご提出ください。
 件数が多数の場合は、過誤申立登録の都合上、なるべく早めのご提出にご協力お願いします。
 介護予防・日常生活支援総合事業にかかる過誤申立も以下を確認ください。

申請手続

 (1)介護給付費過誤申立書で申請いただく場合:介護給付費(要介護者にかかる給付費)または介護予防給付費(要支援者にかかる給付費)を誤って請求済みの場合。
 (2)介護予防・日常生活支援総合事業サービス費過誤申立書で申請いただく場合:総合事業費(要支援者・事業対象者にかかる訪問サービス・通所サービス費およびケアマネジメント料)を誤って請求済みの場合

 (1)介護給付費過誤申立書と(2)介護予防・日常生活支援総合事業サービス費過誤申立書の使い分けに十分ご注意下さい。誤った申立書を使用されると、意図しない過誤決定となる場合があります。
※要支援者の場合、誤った請求をしているサービスの種類によって、申立書を使い分ける必要があります。
※要支援者であっても、予防レンタルや予防ショートステイ、予防ケアプラン料など介護予防サービスのサービスコードで請求済みの場合は(1)介護給付費過誤申立書をご利用ください。
※総合事業サービスのサービスコードで請求済みの場合は、(2)介護予防・日常生活支援総合事業サービス費過誤申立書をご利用ください。

提出後の事務処理

1.神戸市にて過誤申立確認後、神戸市より兵庫県国民健康保険団体連合会(以下「兵庫県国保連」とします。)へ連絡します。
2.兵庫県国保連で過誤決定を行い、過誤申立月の翌月初めに「過誤決定通知書」が兵庫県国保連から過誤申立事業者に送付されます。
3.過誤申立事業者は「過誤決定通知書」の内容を確認し、必要があれば再請求などの措置をとります。(最短であれば、過誤申立月の翌月10日締め切りの請求に間にあわせることができます。)

 ご相談・お問合せは、お住まいの区役所保険年金医療課介護医療係(北須磨地域は北須磨支所市民課介護医療係)にお願いします。

東灘区役所〒658-8570東灘区住吉東町5丁目2番1号(078)841-4131(代表)
灘区役所〒657-8570灘区桜口町4丁目2番1号(078)843-7001(代表)
中央区役所〒651-8570中央区雲井通5丁目1番1号(078)232-4411(代表)
兵庫区役所〒652-8570兵庫区荒田町1丁目21番1号(078)511-2111(代表)
北区役所〒651-1195北区鈴蘭台西町1丁目25番1号(078)593-1111(代表)
長田区役所〒653-8570長田区北町3丁目4番地の3(078)579-2311(代表)
須磨区役所〒654-8570須磨区大黒町4丁目1番1号(078)731-4341(代表)
垂水区役所〒655-8570垂水区日向1丁目5番1号(078)708-5151(代表)
西区役所〒651-2195西区玉津町小山字川端180番地の3(078)929-0001(代表)
北須磨支所〒654-0195須磨区中落合2丁目2番5号名谷センタービル内(078)793-1212

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。