神戸市-KOBE-


1 介護予防カフェを作るには(カフェマネージャーになるには)

最終更新日
2015年9月15日

 地域での介護予防カフェへのご活動をご検討いただいている皆様に、介護予防カフェやコーヒーマシンの取扱いについてのご説明を聞いていただいたうえで、お申込みいただくことが必要です。
 まずは、介護予防カフェ説明会にご参加ください。

カフェマネジャーとは・・・

カフェマネジャーでご活躍中のお二人 カフェマネジャーは、介護予防カフェの代表者の方のことです。介護予防カフェ説明会にご出席いただき、説明を受けた地域住民の方を条件としています。
 なお、年齢、性別、資格の有無などは問いません。
カフェマネジャーの皆さんは、「この地域でなにかしたい」「地域のつながりが薄くなっているからこそ、集まれる場が必要」「楽しみながら、自分も安心して暮らせる地域にしたい」といった思いを話してくださいます。熱い思いを持った皆様にこそ、カフェマネジャーとしてご活動いただきたいと思っています。

カフェマネジャーの役割は?

 高齢者の「つどいの場」の企画・運営、介護予防カフェの登録申請、活動報告、コーヒーマシンの管理などにご協力いただきます。
 また、健康情報の発信窓口として、健康に関するリーフレット等の配布にもご協力いたきます。

介護予防カフェの運営・内容について

介護予防カフェの一コマ画像 介護予防カフェの主役は地域の皆様です。
 地域の皆様が主体となって取り組んでいただきます。
 地域の自主性、地域性、独自性による柔軟な介護予防カフェを実施していただきます。今取組んでいただいている介護予防カフェも、一緒に何かを作るカフェ、催し物をするカフェ、自由に好きな時間に立ち寄ってゆったりくつろげるカフェなど、カフェマネジャーのみなさんの思い思いの個性豊かなカフェがあります。

介護予防カフェの開催場所は?

カフェ開催場所の一例 開催場所については、特に限定はしていません。
 しかし、高齢者の方が、どなたでもお越しいただきやすく、地域に根差した場所を選定していただくようにお願いしています。

支援内容について

ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタの画像 ・「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」の無償貸与(閉鎖時は郵送費自己負担で返却)
 ・カフェスタート応援セット(コーヒーカートリッジやクリーマー約60杯分)
 ・介護予防に関する情報提供(介護予防カフェ通信等のリーフレット・サンプル商品)
 ・介護予防に関する講師派遣(※別途要件あり)

介護予防カフェ登録にかかる要件は?

介護予防カフェ登録に際し、お願いする要件は以下の通りです。
※以下の要件が難しい場合は、別途個別にご相談をお受けすることもございます。
 
 ・地域住民で構成された5人以上のグループであり、対象者に高齢者が含まれていること
 ・活動拠点を確保していること
 ・カフェマネジャーを置くこと
 ・新規参加者を受け入れること
  (会員登録の有無や、地域圏域等の参加者に対する制限を設けないこと)
 ・定期的な活動を行い、神戸市へ活動報告の提出をおこなうこと
 ・ネスレ日本株式会社への情報提供及び介護予防カフェ周知にかかる情報公開(ホームページ等)に同意すること
 ・コーヒーマシンの管理をおこなうこと
 
※以下の利用については、認められません。
 ・財産の形成、営利・宗教・政治活動を目的とした利用
 ・反社会的活動または、公序良俗に反する活動を目的とした利用