神戸市-KOBE-


住民票(住民票除票)の写し

最終更新日
2017年11月8日

 住民票は、氏名・性別・生年月日・住所を証明します。世帯主の氏名・世帯主との続柄及び本籍及びマイナンバー(個人番号)は、記載するかどうか選択できます。
 外国人住民の方の住民票は、特別永住者又は中長期在留者等の区分、在留資格、在留期間、在留カード等の番号等も希望により証明できます。
 世帯全員の証明や一部の方のみの証明をとることができます。
 お住まいの市区町村以外でも、住民票をとることができます。(証明書コンビニ交付サービス、広域交付住民票、下記の除票を除く)

◆住民票の除票等◆
 住民票は、転出や死亡により消除された場合、「除票」になります。また、住所や氏名などが変更されたことで住民票の記載欄が足りなくなった場合、住民票は自動的に改製(作り替え)され、改製前の住民票は「改製原住民票」として除票と同様に取り扱われます。

※下記の注意事項をご確認ください。

<注意事項>
注1)住民票の除票等は、世帯から除かれ、個人ごとの発行になります。
注2)除票等になってから5年間保存としており、5年を経過したものは発行しており
ません。ただし、平成24年7月9日以降に除票等となった住民票は、当分の間、
5年経過後も引き続き証明発行しております。
注3)平成27年10月5日より前の除票等にマイナンバー(個人番号)は記載されません。

 また、「住民となった年月日」欄が空白となっているのは、昭和42年11月9日以前から現在までの間、神戸市内での住所異動があっても市外への転出がなかった日本人の方です。
 なお、仮住民票から住民票へ移行をした外国人住民の方の住民票は、「前住所」欄及び「住定日」欄が空白です。

マイナンバー(個人番号)入り住民票の写しの交付請求について

 平成27年10月5日に番号法(行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律)が施行されたことに伴い、個人番号入りの住民票の写しの交付請求をすることができます。
 ただし、マイナンバー(個人番号)入りの住民票の写しの交付請求をされる際には、以下の点についてご注意ください。
・住民票の写しの提出先へマイナンバー(個人番号)入りの住民票の写しが必要かどうか、事前に確認してからご請求ください。
・マイナンバー(個人番号)を記載した住民票の写しの提出先は、法律により、行政機関、地方公共団体、独立行政法人のほか、社会保障、税、災害対策の手続きを行う民間事業者に限定されています。

請求先

窓口来庁の際の請求先

 市内の区役所・支所市民課、出張所、連絡所、三宮証明・明舞サービスコーナーのいずれでも取得できます。
 

郵送請求の際の請求先

 郵送請求は神戸市郵送請求処理センターへ送付ください。
 なお、神戸市郵送請求処理センターの所在や郵送請求の方法等、郵送請求に関する詳細は下記リンク先をご参照ください。

電子申請による請求

 マイナンバーカードや住民基本台帳カードに搭載できる署名用電子証明書を利用することで、自宅のパソコンからインターネット回線を利用して住民票の写しの交付請求(電子申請)ができます。
 詳細は、下記「電子申請による証明書の請求」のリンク先からご確認ください。

申請書

 窓口備え付けのものと同じものです。下記を印刷してお持ちいただいても結構です。

・委任状は必ず本人が自筆で記入し、署名押印してください。
・委任状の様式は問いませんが、作成した日付、委任者の住所・氏名・押印、代理人の住所・氏名、何を委任するのかを具体的に記載してください。
・偽り、その他不正な手段により委任状を偽造した場合は、刑罰の対象となります(刑法第159条・161条)。

請求できる方

必要なもの

手数料

 1通につき300円
(除票は個人ごとの発行となるため、個人ごとに1通分の手数料が必要となります。)

問い合わせ先

根拠法令

 住民基本台帳法第12条、第12条の2、第12条の3

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。