神戸市-KOBE-


こうべ市税のページ

共有資産代表者の変更の届出について(土地・家屋)

最終更新日
2019年9月26日

届出用紙

共有資産の代表者を、他の共有者に変更するための様式です。
A4サイズで印刷してください。

概要

土地・家屋を2人以上が共同で所有する場合は、所有者全員が納税義務者となります。神戸市では、その所有者の中から共有資産代表者を選定し、納税通知書等を送付しています。
共有資産の代表者を他の共有者に変更する場合は、共有資産代表者変更届出書を市税の窓口(新長田合同庁舎・各区役所)に提出してください。

※ 現在の代表者および新たな代表者の押印が必要です。
※ 納税通知書の送付先が新たな代表者となるのは翌年度以降です。
※ 代表者を変更された場合で口座振替を希望されるときは、手続きが必要です。詳しくは、以下をご覧ください。

提出、問い合わせ先

市税の窓口(新長田合同庁舎・各区役所)

市税の窓口で提出いただいた書類は、固定資産税課(新長田合同庁舎4階)が確認の上受付いたします。
受付の際、固定資産税課から内容確認のご連絡をする場合があります。届出内容に不明な点などございましたら、ぜひ事前に固定資産税課までお問い合わせください。お問い合わせには各区役所市税の窓口のテレビ電話ブースもご利用いただけます。

共有資産代表者の選定順

平成29年4月1日以降、新たに土地・家屋を2人以上が共同で所有する場合、原則として、次の順序により共有資産代表者を選定します。

1.その物件の所在地に住所または所在のある者
2.持分のより多い者
3.登記の記載順の上位の者

なお、
・同じ所有者・同じ持分で他の土地・家屋を所有しており、既にどなたか1人を代表者として課税している場合は、その代表者を選定します。
・前所有者の相続人代表や納税管理人として届出がある者が、新たな所有者のうちの1人である場合は、その者を代表者に選定します。
・前所有者の送付先として届出られた送付先に住所または所在のある者が、新たな所有者のうちの1人である場合は、その者を代表者に選定します。

所有する共有資産の代表者の選定順については、市税の窓口(新長田合同庁舎・各区役所)へお問い合わせください。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。