神戸市-KOBE-


住居表示(新築・建替時)の届出

最終更新日
2016年1月13日

住居表示実施済みの区域で建物を新築や建て替えしたときは、住所を決定するための新築届が必要です。建て替えの場合も、建物入口の変更によって番号が変わる場合がありますので、手続きが必要です。
住居表示を実施しているかどうかは次の町名一覧表でお調べください。

届出先

建物を新築・建て替えされた区の区役所総務課・北須磨支所市民課

届出人

現場の状況がわかる方であれば、どなたでも構いません。

必要なもの

建物の位置図

新築または建替えをする場所が特定できる地図です。隣や周辺の建物が確認できる程度のものが必要です。

建物の配置図

建物の大きさや形、主な出入口と、周辺道路や隣地境界線との距離が確認できる図面で、建築確認申請の書類の中に含まれています。(建物の1階平面図、地籍測量図等)

届出書

窓口備え付けのものと同じものです。下記を印刷してお持ちいただいても結構です。

届出後の処理

提出いただいた書類により、住居番号を決定し、住居番号決定通知書と番号板(プレート)をお渡しします。場合によっては現地調査を実施することがありますので、お知らせするまでに1週間程度かかることがあります。

手数料

無料

問い合わせ先

根拠法令

住居表示条例第3条

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。