神戸市-KOBE-


印鑑登録

最終更新日
2019年2月15日

 神戸市内に住民登録をしている方が印鑑登録をすることができます(14歳未満・成年被後見人は除く)。市外から転入された方で、印鑑証明が必要な方は、神戸市(お住まいの区役所・支所・出張所)で新たに登録していただく必要があります。

 一度登録していただくと、神戸市内の住所変更ではそのまま引き継ぎます。市外に転出されると自動的に登録が廃止されます。また、婚姻や離婚等で登録している印鑑と氏名が相違した場合、印鑑登録は廃止されます。

 郵送による申請はできません。

 印鑑の登録申請をされた後、区役所より本人のご自宅宛に照会書を送付します。後日届いた照会書をお持ちいただいた際に、登録完了となります。詳しくは、以下の「申請後の流れ」をご覧下さい。

登録証または登録印をなくされた場合

 まず紛失届を出していただき、現在の登録を廃止していただく必要があります。一度廃止した登録は元に戻すことはできません。あらためて、印鑑登録の手続きが必要です。

申請先

 ※連絡所、サービスコーナーでは手続きできません。

申請時に必要なもの

申請時、本人が申請する場合

代理人が申請する場合

代理人による申請の場合は、当日の登録完了はできません。後日お送りした照会書をお持ちいただいた際に、登録完了となります。
詳しくは、以下の「申請後の流れ」をご覧下さい。

登録できない印鑑

申請後の流れ

 本人が申請する場合で運転免許証・パスポート・個人番号カード等の官公署が発行する顔写真付の証明書をご持参されない場合や代理人が申請する場合は、確認のため登録されている住所地あてに照会書を発送します。

 照会書が届きましたら、必要事項を記入し、再度申請された区役所、支所、出張所にお持ちください。照会書をお持ちいただいた時点で登録完了となり、登録証をお渡しします。

 照会書は普通郵便で発送し、申請されてから1〜2日で届きます。

照会書持参時に必要なもの

照会書持参時、本人が申請する場合

代理人が申請する場合

申請書

 申請書に押印していただいた印影を鮮明に読み取りするため、窓口備え付けの申請書をご利用ください。裏面委任状だけでしたら、下記のものを印刷し使用していただいて結構です。


  • 委任状は必ず本人が自筆で記入し、署名押印してください。
  • 偽り、その他不正な手段により委任状を偽造した場合は、刑罰の対象となります(刑法第159条・161条)。

料金

 登録のみの場合は無料

郵送による申請

 郵送による申請はできません

問い合わせ先

根拠法令

 神戸市印鑑条例

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。