神戸市-KOBE-


リサイクル工房総合トップページ

最終更新日
2017年2月17日

 みなさんの毎日のくらしの中で必ず出会うのが「ごみ」です。
 神戸市民のみなさんに、環境にやさしいライフスタイルをもっと知っていただき、くらしに取り入れていただくための環境啓発施設が「リサイクル工房」です。

お知らせ

リサイクル工房ってどんなところ?

各リサイクル工房のホームページはこちらから


 
開館時間休館日
リサイクル工房あづま午前9時〜午後5時毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は、翌日) 年末年始(12月28日〜1月4日)
リサイクル工房ほくしん午前9時〜午後5時毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は、翌日) 年末年始(12月28日〜1月4日)
リサイクル工房みなとじま(平成29年3月31日まで)午前9時〜午後5時毎週水曜日(水曜日が祝日の場合は、翌日) 年末年始(12月28日〜1月4日)
リサイクル工房ろっこう
(平成29年3月31日まで)
午前9時〜午後5時毎週月曜日・祝日(月曜日が祝日の場合は、当該日及びその翌日) 年末年始(12月28日〜1月4日)

リサイクル工房でやっていること

市民のみなさんの生活に、「3つのR」を取り入れていただくきっかけになるような事業を行っています。

※3つのR
  Reduce(リデュース)=ごみになるものを減らす
  Reuse(リユース)=くりかえし大切に使う
  Recycle(リサイクル)=資源として活用する

1.育児・子供用品、古本の提供・引取

不要になったベビー服や幼児服、マタニティウェア、雑誌以外の古本を引取り、次に必要とする方へご提供します。
・引取は無償です。
・提供を利用される場合は会員登録が必要です。

2.3Rについての講座・イベント

環境にやさしいライフスタイルについて、大人から子どもまで学べるさまざまな講座やイベントを行っています。
(内容によっては対象年齢が決まっているものもあります)

3.資源回収コーナー

家庭から出た不用品のうち、資源としてリサイクルできるものを回収するボックスを設置しています。

4.再生品(自転車・家具)の提供(平成28年度で終了)

家庭から「大型ごみ」として出された自転車や家具のうち、まだ使えるものは修理を行い、リユース(再使用)のために提供します。
各工房(あづま除く)とこうべ環境未来館で、実物の展示を行っており、全て現地にて申込となります。
各工房とこうべ環境未来館にて、2か月に1度、抽選を行います。
当選者は、代金(品目によって金額が異なります)及び防犯登録料(500円)を負担のうえ、ご自身で再生品を引き取っていただきます。
申込できるのは、神戸市民の方で、1世帯につき1点です。

※当事業は平成28年度で終了いたします。
  下記抽選日が最終となります。
  なお、リサイクル工房ろっこう・こうべ環境未来館の最終抽選は終了いたしました。

詳しい手続については、各工房のホームページをご確認ください。

次回抽選日

リサイクル工房みなとじま

リサイクル工房ほくしん

各工房で申込できる品物は異なります。
必ず現地にて現物を確認いただき、抽選日前日までにお申し込みください。

5.不用品リユース情報掲示板

情報掲示板市民のみなさんが「譲りたいもの」「譲ってほしいもの」を掲示できる「掲示板」を各工房に設置しています。
掲示板利用ご希望の方は、直接、各工房で所定の用紙に記入の上、ご利用ください。(電話、FAX等による受付は行っていません)
※掲示は無料ですが、ご利用の際は「ご利用にあたってのご注意」をよくご覧下さい。

掲示できないもの

飲食品、医薬・化粧品、専売品、貴金属、自動車、不動産、美術・骨董品、動植物、修理が必要なもの

ご利用にあたってのご注意

・各工房で事前受付をいたします。
・掲示作業はご自身で行ってください。
・掲示情報はご自身でメモを取るなどしてお持ち帰りください。
 (掲示物自体の持ち帰りやコピーはできません)
・不用品交換目的以外でのご利用は禁止です。
・交換の成立等により、不用となった掲示情報は、各工房窓口にお申出の上、掲示者ご自身で除去して下さい。(掲示期間を過ぎたものは工房で撤去します)
・交換交渉は当事者間でお願いいたします。
 工房は交換交渉等に係る責任は一切負いません。
・掲示情報に関する問合せは、工房では一切お受けできません。
 

6.3Rの学習用展示

啓発用DVD3R学習用DVDを工房内で自由にご覧いただけます。
また、容器包装プラスチックやペットボトルのリサイクル品などを展示しています。