神戸市-KOBE-


資源集団回収活動

最終更新日
2017年6月5日

資源集団回収活動
→自治会、婦人会、PTA、老人会、子ども会などの地域団体が行っている、家庭から出る古紙や古着・古布などの回収活動のこと

古紙(新聞・雑がみ・段ボール)
古着・古布
は大切な資源ですので、ぜひ出しましょう!


回収に出されたものは、その後どこにいっているのでしょうか?

回収情報の検索

地域団体が、出す日や時間、回収場所などの出し方を決めています。
お住まいの地域で検索してみましょう!
※年末年始(12月31日から1月4日)とお盆休み(8月13日から16日)は、回収スケジュールを変更する場合がありますので、出す前に回収業者等にご確認ください。

★地図から探す場合はこちら

★お住まいの区から探す場合はこちら(索引)

助成制度

資源集団回収活動をおこなっている地域団体に助成を行っています。

くわしくは・・・

新たに資源集団回収を始めたい地域団体の方や、
資源集団回収活動助成制度について知りたい方は、
下のリンク先をごらんください。

出し方ルール

新聞・雑がみ・段ボールなどの古紙や古着・古布は、一般的な出し方が決まっています。
(地域で出し方が決まっている場合は、そちらに従ってお出しください。)

リンク先で確認してみましょう!

持込可能な古紙問屋

普段の資源集団回収に出せない場合は、ご自身で古紙問屋に持ち込んでいただくこともできます。
※持ち込み前に電話連絡が必要です。

持ち込み可能な問屋の一覧は、下のリンク先をごらんください。

資源の持ち去り対策

 実施団体が回収場所に出した資源物を、資源集団回収とは別の業者が、
無断で持ち去ってしまう事例が報告されています。

持ち去り行為があると、実施団体に助成金が交付されなくなります。
資源回収業者にとって回収する予定だった資源物が持ち去られることは、業務上の損失です。

実施団体と資源回収業者で協力し、これを防止するための対策をとりましょう。

資源集団回収の実績

市民のみなさまのご協力により、
これまでに「燃えるごみ」ではなく「資源」として回収された実績データを
ご紹介しています。

常設保管庫設置助成について

常設保管庫の例資源回収の利便性の向上を目的として、
常設的かつ土曜日または日曜日においても開設する常設保管庫を
新たに設置する場合、設置に係る費用を助成します。
(各戸回収、集合住宅は対象外)

資源集団回収活動の対策調査業務 委託事業者公募について

資源集団回収量を増加するため、回収活動の実態を調査し、対策を提案する業務を行っています。

よくあるQ&A

資源集団回収に関してよくお問い合わせいただく質問と回答をまとめて掲載いたします。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。