神戸市-KOBE-


神戸市のごみ処理施設の紹介

クリーンセンター

 神戸市では、市民や事業者のみなさまのご協力のもと、3R・2Rの推進など、ごみの減量・資源化に取り組んでいるところですが、資源化できないごみは、クリーンセンターで焼却して処分しています。現在は、3つのクリーンセンターで焼却を行っています。 焼却の際に発生する熱を利用して、発電も行っています。
 

現在稼働しているクリーンセンター

 神戸市では、市民や事業者のみなさまのご協力のもと、3R・2Rの推進など、ごみの減量・資源化に取り組んでいるところですが、資源化できないごみは、クリーンセンターで焼却して処分しています。
 公害防止には特に留意し、排ガス等に対して、最新の技術と設備で万全の対策を講じています。
 焼却の際に発生する熱を利用して、発電も行っています。
 現在は、3つのクリーンセンターで焼却を行っています。

中継施設(焼却停止した施設の活用)

 焼却停止したクリーンセンターは中継施設として活用し、収集・運搬の効率化、温室効果ガスや自動車公害の削減など環境負荷の低減に努めています。

環境センター

 燃えないごみなどを、埋立処分しています。

資源リサイクルセンター

 リサイクル資源として収集した「缶・びん・ペットボトル」を、リサイクルできるよう、選別等を行う施設です。
 環境学習施設「こうべ環境未来館」を併設しています。