神戸市-KOBE-


人間環境都市宣言

最終更新日
2010年3月15日

人間環境都市宣言
 緑の山,青い空,紺碧の海。そして太陽の輝く町。わたしたちの町「神戸」は,いついつまでもそんな町であってほしい。
 たしかに,わたしたちが祖先から受けついだ神戸の町は素晴らしい町であつた。しかし,この町をとりまく空気や水,それは無限ではない。環境との調和に欠けた経済の発展と文明の進歩は,空や水をよごし,わたしたちの町を住みにくいものにしようとしている。
 わたしたちは,神戸の町を,平和と安全が守られ,自然と文化の融合した最も人間性ゆたかな町にしたい。そしてそれを,わたしたちの子孫に引き継ぐべき義務がある。
 1972年は,世界の環境元年といわれている。
 この時にあたり,わたしたちは,あらゆる市民,市,事業者の総力を結集して,環境破壊の波を阻止し,わたしたちの共有財産である愛すべき郷土を「人間環境都市」として築き上げることを決意し,ここに神戸市民の名において宣言する。

1972 年7月31日