神戸市-KOBE-


「ごみ屋敷」問題の解消を目指して

最終更新日
2017年10月24日

 ごみなどを自宅内にため込み,近隣に被害を与える「ごみ屋敷」。
 市は,この問題の解消を目指して,「神戸市住居等における廃棄物その他の物の堆積による地域の不良な生活環境の改善に関する条例」の取り組みを進めています。
 ごみ屋敷の中には,居住者自身の病気や体の衰えなどによりごみを捨てられずに放置されているケースなどもあります。そこで,必要に応じて「居住者への働きかけ,支援」を行い,居住者自身によるごみ屋敷の解消と再発防止につなげていきます。

対象

ごみ屋敷○近隣に衛生・生活環境上,支障のある建物など

 ・悪臭や衛生上有害な害虫等が発生している
 ・火災発生のおそれがある         など

解消の流れ

1 責務
○居住者は,建物等を適切に管理しなければなりません。
 ・居住者や所有者,管理者は建物等の不良な状態の発生予防及び解消に努め
  なければなりません。

矢印適切な管理ができていない場合

2 居住者への働きかけ,支援
○市は,居住者に建物等を適切に管理するよう働きかけます。
○必要に応じて居住者の生活上の課題解決を支援します。
 ・介護サービスの導入等の福祉・医療的支援を検討し,必要に応じて実施します。
 ・非課税世帯などを対象にした経済的支援を行います。

矢印改善に至らない場合

3 措置
○判断基準に基づき,周辺への影響の程度に応じて,条例による措置を実施します。
 ・居住者自身への助言又は指導,勧告,命令等を行います。
 ・命令に従わない場合は,市が代執行(費用は居住者負担)をする場合があります。
  ※実施にあたっては,学識経験者の意見を求めます。

堆積物の処分等に対する経済的支援について

経済的支援1 対象
 堆積物の処分,悪臭除去,害虫駆除が対象
 となります。

2 支給金額(上限)
 100万円
 ※保有している資産の状況に応じて,費用の
   一部を自己負担いただく場合があります。

3 要件
 ・以下の要件をいずれも満たす必要があります。
 (1)堆積物が周辺に影響を及ぼしている
 (2)経済的に困窮している ※収入要件及び資産要件あり
 (3)本人に片づけの意向がある
 (4)再発防止策の検討が行われている

資料

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。