神戸市-KOBE-


神戸市の温暖化防止に関する計画

最終更新日
2015年9月16日
  • [9月16日]神戸市地球温暖化防止実行計画の改定を行いました。

「神戸市地球温暖化防止実行計画」の改定

 東日本大震災以降のエネルギー・環境を取り巻く情勢の変化を踏まえ、2015年(平成27年)9月に「神戸市地球温暖化防止実行計画」の改定を行いました。


[計画期間]
  2015(平成27)年度〜2030(平成42)年度


[神戸市域全体の目標]
(1)最終エネルギー消費量に関する目標
●基準年 2005年度
●目標年と最終エネルギー消費量の削減目標 (2005年度比)
 短期目標 2020年度 15%以上 削減(※)
 中期目標 2030年度 25%以上 削減(※)
 長期目標 2050年度 40%以上 削減

 ※参考
 最終エネルギー消費量での削減目標を、前計画と同じ設定条件(電力の二酸化炭素排出係数0.28kg−CO2/kWh換算した場合(直近の2013年の係数は0.516))で、温室効果ガス排出量に換算すると、2020年度では20%以上の削減目標、また2030年度では31%以上の削減目標となります。


(2)再生可能エネルギー等の導入に関する目標
既に策定している「環境モデル都市アクションプラン」における取組みを含め、現行の目標を継承します。
●神戸市域におけるエネルギー消費量の10%以上導入する
 (目標年次2020年度)
●神戸市域における電力消費の30%を地域の分散型エネルギーにする
 (再エネ15%+コジェネ等15%)(目標年次2030年度)


[神戸市役所の事務事業に係る目標]
(1)最終エネルギー消費量に関する目標
●基準年  2005年度
●目標年と最終エネルギー消費量の削減目標 (2005年度比)
 2015年度 18%以上 削減
 2020年度 24%以上 削減


(2)再生可能エネルギーの導入に関する目標
●エネルギー消費量の30%以上導入(売電・他者供給分を含む)
 (目標年次2020年度)


本改定に関するお問い合わせ先

環境局環境政策部環境貢献都市課
TEL:078-322-5283
kankyokoken@office.city.kobe.lg.jp

*神戸市地球温暖化防止実行計画の改定に係る専門部会

 神戸市では温暖化防止実行計画の改定にあたり、専門部会を開催致しました。

*地球温暖化対策に関する市民懇談会

 神戸市では温暖化防止実行計画の改定にあたり、市民の皆さんの生の声を反映するために、市民懇談会を開催致しました。

神戸市地球温暖化防止実行計画(旧計画)

 これまでの「地域推進計画」、「CO2ダイエット作戦」、「新エネルギービジョン」を統合し、「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づく法定計画として2011年2月に策定しました。
 計画期間は2011年度から2020年度で、温室効果ガスの削減目標として、神戸市域からの温室効果ガス排出量を2020年度に1990年度比で25%削減すること等を掲げました。

神戸市地球温暖化防止地域推進計画(〜2010年度)

地域推進計画2000年3月策定。「地球温暖化対策の推進に関する法律」の主旨に沿って、地域レベルで温暖化防止に貢献することを目的としています。本計画では、市民、事業者、市の役割を明らかにし、三者の協働のもとに、神戸市域の温室効果ガス排出量を2010年度までに1990年度比で6%削減することを目標としています。

温室効果ガス削減目標達成のためのアクションプログラム(〜2010年度)

アクションプログラム2008年3月策定。2010年度までの限られた期間内に、「神戸市域の温室効果ガス排出量を2010年度までに1990年度比で6%削減する」という目標を着実に達成するため、部門別削減目標や市民・事業者の取組目標などを盛り込んだ実行計画。温室効果ガスの96%以上を占める二酸化炭素について産業・業務・家庭・運輸・廃棄物の部門別に削減目標を設定し、部門別の削減シナリオを定めています。また、特に排出量の増加が著しい業務・家庭部門については、事業所や家庭での省エネ取組の目安となる数値目標(取組目標)を示しています。

神戸市役所地球温暖化防止第2次実行計画(第2次CO2ダイエット作戦)(〜2010年度)

CO2ダイエット作戦2006年2月策定。神戸市役所の事務及び事業に関して排出される温室効果ガスを、2010年度までに2004年度比で15.5%以上削減することを目標とした、「地球温暖化対策の推進に関する法律」第21条に基づく実行計画

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。