神戸市-KOBE-


地球温暖化対策

最終更新日
2016年5月13日

「KOBE COOL CHOICE」 推進宣言

−日々のくらしの中の「選択」で地球にやさしく−
    「KOBE COOL CHOICE」推進宣言

 神戸のまちが、「自然と太陽のめぐみを未来につなぐまち」でありつづけたい。そう願っています。私たちのくらしは、太陽からのエネルギーを源とする自然のめぐみを受けて成り立っています。化石燃料の消費によって、私たちのくらしが便利になり、経済活動が盛んになった一方で、地球温暖化が原因とされる豪雨や災害など気候変動の影響が顕在化しています。
 国際社会では、地球温暖化対策を進めるため、2015年12月開催の第21回気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)においてパリ協定が採択されました。
日本は、2030年度までに温室効果ガス排出量を26%削減(2013年度比)することを目標に設定し、その達成のため日常生活のあらゆる場面で省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動を賢く選択していくというライフスタイル・ワークスタイルでの変革を求め、国民運動「COOL CHOICE」(クールチョイス)を展開しています。
 本市では、神戸市環境マスタープランの基本方針の一つである「二酸化炭素の排出が少ないくらしと社会」の実現を目指し、省エネルギー、木質バイオマスをはじめとする再生可能エネルギーや水素エネルギーの利活用などの地球温暖化対策を推進しています。
 これらの取り組みを進めるとともに、日常生活の中のあらゆる選択が地球温暖化対策に資するものとなるよう、「日々のくらしの中の「選択」で地球にやさしく・ KOBE COOL CHOICE」を、市民や事業者の賛同と実践の輪を広げてまいります。

 平成28年6月 
   神戸市長 久元 喜造


クールチョイスロゴクールチョイスとは、日常生活のあらゆる場面で省エネ・低炭素型の製品・サービス・行動を賢く選択することを促す国民運動です。(詳しくは下記のリンクをご参照ください)

神戸市の地球温暖化防止に関する計画

地球温暖化防止を図るため、神戸市が策定・推進している計画などを掲載しています。

家庭・事業場での地球温暖化防止対策

家庭や事業場で実践できる対策を取りまとめたマニュアルや、各種イベント、取り組み事例などを掲載しています。

神戸市の温室効果ガスの排出状況

神戸市域から排出されている温室効果ガスの排出量状況などを掲載しています。

神戸市役所の事務事業からの温室効果ガスの排出状況

神戸市役所の事務事業から排出されている温室効果ガスの排出量状況などを掲載しています。