神戸市-KOBE-


六甲山渓流調査

最終更新日
2019年1月22日

蓬山峡の流れ六甲山の渓流は、本市を流れる多くの河川の源流であり、「市民の水辺」として水遊び等のレクリエーションに広く利用されています。
しかし、昭和40年代には、六甲山上に多くのホテルや保養所等が立地したにもかかわらず十分な水質保全対策が講じられなかったことから、渓流の水質汚濁が進み、泡立ち等が目立つこともありました。
そのため、本市では、昭和47年より渓流の水質について実態調査を行うとともに、山上の主な施設に対して生活排水の合併処理や高度処理がなされるよう指導を行って来ました。
取り組みの結果、六甲山渓流の水質は大幅に改善され、近年は良好な水質で推移しています。

調査地点

10渓流19地点において調査を行っています。

調査項目

調査結果

平成30年度調査結果

平成29年度調査結果

平成28年度調査結果

調査風景

水生生物調査の様子(トエンティクロスにて)

トエンティクロスにて

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。