神戸市-KOBE-


浄化槽の設置から使用開始まで

最終更新日
2019年6月4日

浄化槽設置の流れ

どのような浄化槽を設置するか

 どのような浄化槽を設置するかは、建築物の用途や大きさや放流水質、放流先の条件等を考えなければなりませんので、まず神戸市や設計者、兵庫県知事の登録を受けた浄化槽工事業者などにご相談ください。

浄化槽設置の届出について

 浄化槽を設置するときは、届出が必要です。
 家の新築等に伴い浄化槽を設置しようとするときは、建築主は、建築確認の申請書を提出して 建築主事または指定検査機関の確認済証の交付を受けなければなりません。(建築基準法第6条第1項)
 くみ取り便所を水洗に改造するため、浄化槽を設置しようとするときは、設置者(浄化槽管理者)は、市長に届け出なければなりません。(浄化槽法第5条第1項)
 これらの規定に違反した場合には、30万円以下の罰金(建築基準法第99条)あるいは3月以下の懲役 又は50万円以下の罰金(浄化槽法第63条)が処せられることがありますので、ご注意ください。

浄化槽設置整備事業の補助金を申請する

 市街化調整区域のうち、浄化槽のみで生活排水を処理することとなっている地域の浄化槽整備については、一定の条件をみたすものについて、補助金を交付する制度があります。

浄化槽の設置工事

 くみ取り便所を水洗に改造する場合は、台所、洗面、洗濯、風呂等の排水管を布設し、浄化槽を設置、接続する工事を行います。
 通常、工事にとりかかってから7日〜10日間程度で使用できるようになります。
 浄化槽は、敷地内の適切な場所に浄化槽を埋設することになりますが浄化槽設置整備事業の補助金を申請した場合は、 埋設する前に神戸市の立会検査を受けなければなりません。

浄化槽の使用開始について

 浄化槽の使用を開始する直前に、最初の浄化槽の保守点検を行ってください。
 また、浄化槽使用開始の日から30日以内に「浄化槽使用開始報告書」を市長あてに提出しなければなりません。

お問い合わせ先

神戸市 環境局 環境保全部 環境保全指導課
〒651-0086 神戸市中央区磯上通7-1-5 三宮プラザEAST2階
電話:078-595-6226 Fax:078-595-6256