神戸市-KOBE-


環境常時監視システムについて

最終更新日
2016年4月26日

 環境常時監視システムは,市役所と実際に大気等の測定を行っている一般大気測定局(15局),自動車排出ガス測定局(6局),気象観測局(2局),大気観測車(1台)を,光回線,ADSL回線,携帯電話回線で常時接続し,データの収集・処理を行っています。
 また,市内の主要工場の燃料使用量,大気汚染物質発生量を監視する発生源監視システムを併せて運用しています。

環境常時監視システムの概要

環境常時監視システムのイメージ

ホームページの閲覧

 環境常時監視システムの測定結果,光化学スモッグ注意報・警報の情報をパソコンや携帯電話で閲覧することができます。
 また,パソコンからは速報データ,過去の測定データをダウンロードすることができます。 

 パソコンでご覧になる場合のブラウザについては、Microsoft Internet Explorer(IE ver7.0以上を推奨)に対応していますが、設定によっては、表示されない・表示が乱れる場合(IE ver8.0 以上)又はご利用できない場合があります。

この場合、互換表示設定(下記設定方法参照)に切り替えて、当ページが表示されるようになるかどうかご確認ください。

<お問い合せ先>
神戸市環境局環境保全部自然環境共生課
電話:078-322-5312
月曜日〜金曜日(休日を除く)8:45〜12:00, 13:00〜17:30

測定局及び測定項目一覧

携帯電話によるデータ収集

 大気観測車については,携帯電話を用いてネットワーク化を図り,自動的にデータを収集しています。

光化学スモッグに対する迅速な対応

 光化学スモッグが発生した際に,目やのどの痛みなどの健康被害の症状が発生する場合があるため,光化学スモッグ注意報・警報等の発令を行い,健康被害の予防に努めています。
 また,環境常時監視システムから携帯電話,パソコンにメール配信を行う機能を整備するとともに,注意報・警報等の発令があった際に速やかにお知らせする機能を整備しています。

 「光化学スモッグとは?」のページも併せて御確認ください。

関連情報

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。