微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報

最終更新日
2015年12月7日

    PM2.5の注意喚起の状況について

    現在の注意喚起状況はこちらをご覧ください。

    ・神戸市域のPM2.5の注意喚起は、神戸市の測定値を含む9市町の状況より、「神戸・阪神」地域について、兵庫県が配信しています。
    ・PM2.5総合サイトでは、各地域の測定値の詳細データもご覧いただけます。

    最新のPM2.5の測定データについて

    ・PM2.5については、市内17箇所で測定を行っています。
    ・神戸市内の最新のPM2.5のデータ(速報値)は、次のサイトでご覧いただけます。

    神戸市の平成26年度のPM2.5濃度の状況

    ・平成23年9月の測定開始からこれまでの間に、神戸市内では注意喚起の指針値(日平均値70μg/m3)を超えたことはありません。

    神戸市の測定・監視体制について

    神戸市でのPM2.5自動測定機の整備状況

    PM2.5測定機(兵庫南部局)・本市では、国が定めた「大気汚染防止法第22条の規定に基づく大気の汚染の状況の常時監視に関する事務処理基準(平成22年3月最終改正)」に基づき、平成23年度からPM2.5濃度の自動測定機を順次導入し、現在は17局でPM2.5濃度の自動測定を行っています。
    ・自動測定機は市の環境常時監視システムに接続し、最新のデータをホームページで公表しています。

    神戸市でのPM2.5成分分析の実施状況

    本市では、より効果的なPM2.5対策の検討のため、「PM2.5の成分分析ガイドライン(平成23年7月:環境省)」に基づき、PM2.5の成分分析調査を実施しています。

    参考

    PM2.5とは

    ・大気中に漂う粒径2.5μm (0.0025mm)以下の小さな粒子(スギ花粉より小さく、インフルエンザウィルスより大きい)をいい、自然起源のものや化石燃料の燃焼(ばい煙発生施設や自動車排出ガス)により粒子のまま排出された「一次粒子」と、ガス状で排出された汚染物質が化学反応により粒子化した「二次粒子」があります。
    ・PM2.5は粒径が小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸器疾患や循環器系疾患の原因になるといわれています。
    ・環境省は、国内の観測網の充実を図るよう自治体に要請しているほか、成分の分析結果を収集し、実態を把握した上で、規制・削減対策を実施することとしています。

    環境基準とは

    ・環境基準は、人の健康の保護及び生活環境の保全のうえで維持されることが望ましい基準として、終局的に、環境をどの程度に保つことを目標に施策を実施していくのかという行政上の政策目標を定めたものです。

    ・PM2.5に関する環境基準は、平成21年9月に「1年平均値が15μg/m3 以下であり、かつ、1日平均値が35μg/m3 以下であること」と定められました。
    ・この意味は、健康影響を踏まえ、濃度を平均的に低減する意味での1年平均値に関する基準(長期基準)と高濃度の出現を減少させる意味での1日平均値に関する基準(短期基準)を併せて環境基準として設定することとしたものであり、環境濃度がこの値を超過した場合でも、直ちに人の健康に影響が現れるというものではないとされています。
    ・また、短期基準に対応した環境基準の達成状況は、測定結果の年間98%値を日平均値の代表値として選択し、評価を行うものとする(年間365個の日平均値がある場合は、最大値から8番目の値が35μg/m3 以下であるかどうかで評価する)とされています。

    環境省の「注意喚起のための暫定的な指針」について

    ・平成25年2月、環境省の設置した「PM2.5に関する専門家会合」は、「注意喚起のための暫定的な指針」をとりまとめました。
    ・この「暫定指針」では、注意喚起の指針値として日平均値70μg/m3(環境基準の値の2倍)が設定され、早朝の1時間値(複数局の平均)が85μg/m3を超えた場合に注意喚起を実施するとされています。

    ・また、平成25年11月の環境省の暫定指針の判断方法の改善により、早朝から昼までの1時間値(複数局の最大値)が、80μg/m3を超えた場合にも、注意喚起を実施することになりました。

    PM2.5注意喚起情報に関するメール配信サービス

    PM2.5注意喚起情報は、兵庫県により、『PM2.5注意喚起情報に関するメール配信サービス』、および『ひょうご防災ネット』で発信されます。PM2.5注意喚起についてのメール配信サービスを希望される方は、これらのいずれか(下記リンク)により、ご登録いただきますようお願いします。

    PM2.5等に関する広域的な情報の入手先

    ・兵庫県や環境省のホームページから、より広域的な情報を得ることができます。

    ・国立環境研究所や九州大学応用力学研究所では、大気汚染微粒子などの予測・予報をしています。

    ・黄砂については、以下のページをご覧ください。

    ・PM2.5に関するQ&A

    PM2.5測定データ閲覧に関する注意事項など

     PM2.5の速報値は神戸市環境常時監視システムから情報提供を行っており,パソコン用のサイトはInternet Explorerのみの対応となっています。なお、Microsoft Internet Explorer8.0 以上では、正しく表示されない場合があります。この場合、互換表示モードに切り替えて、当ページが表示されるようになるかどうか確認してください。
     Internet Explorer以外のブラウザをご使用の方は,スマートフォン・携帯電話用のサイトからご確認ください。

    ・お問い合わせ先
        神戸市環境局環境保全部自然環境共生課    
        電話番号 078−322−5312
        平日8時45分〜17時30分(12時〜13時を除く。)

    パソコンで速報値をご覧になる場合の手引き

    スマートフォン・携帯電話でご覧になる場合のアクセス先情報

    (1) QRコードを読み込む

    QRコード(PM2.5 1時間値)

    (2) URLを直接入力する

    http://kobe-taikikanshi.jp/mobile/jiho/Jihomobiledate_250.html
     
    (端末の使用方法については,ご契約の携帯電話会社にご確認ください。)

    (3) URLをメールで送る

     次のリンクをクリックするとメールソフトが起動しますので,送信先のアドレスを入力してください。

    一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。