神戸市-KOBE-


こうべエコちゃれゼミ(小学生と保護者対象の環境学習講座)

最終更新日
2017年2月3日
  • [1月9日]平成29年度神戸市環境教育・学習イベント「こうべエコちゃれゼミ」企画・運営業務委託事業者の募集にかかる公募要領等の配布は終了いたしました。
  • [12月19日]平成29年度神戸市環境教育・学習イベント「こうべエコちゃれゼミ」企画・運営業務委託事業者の募集をいたします

こうべエコちゃれゼミ(小学生と保護者対象の環境学習講座) 小学生と保護者を対象にした体験型の環境学習講座です。
 夏休み期間には、こうべ環境未来館(西区)で夏休みの自由研究に役立つ講座も開催しています。 
 募集については、広報紙KOBEや市のホームページ等でお知らせします。

≪お知らせ≫
FAXでお申込の方へ。
表裏が逆になって届く場合や、途中で途切れて届く場合などが時々あります。送信時に十分ご確認ください。また、電話番号非通知ですと、折り返し確認のご連絡もできませんので、できれば電話番号を通知するようにお願いいたします。

平成29年度 神戸市環境教育・学習イベント「こうべエコちゃれゼミ」企画・運営業務委託事業者の募集について

公募要領等の配布は終了いたしました。


<スケジュール>

内 容時 期
公募要領の配布期限平成29年1月9日(月曜)午後5時30分まで
参加申込書、地方税に関する誓約書兼神戸市税に関する調査に対する承諾書もしくは納税証明書、質問書の提出期限平成29年1月11日(水曜)午後5時30分まで(必着)
質問書への回答平成29年1月13日(金曜)
応募書類等の提出期限平成29年1月20日(金曜)午後5時30分まで(必着)
企画提案審査会の開催平成29年1月30日(月曜)※詳細は別途、応募者に通知
選定結果の通知・公表平成29年2月上旬 ※別途企画提案会出席者に通知

★★こうべエコちゃれゼミの開催について★★

平成28年度のエコちゃれゼミは全て終了いたしました。

平成28年度のエコちゃれゼミは全て終了いたしました。

平成29年度のエコちゃれゼミは詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。

開催の記録(2016年度)

【第10回】 須磨のりで佃煮づくりに挑戦!ー上手に作って美味しく食べようー

 今回の講座は、元漁師さんの経歴をもつ幸内講師より、漁師さんのお仕事を映像と解説で分かりやすくお話いただき、次に地球温暖化の影響と考えられる海水温上昇による海洋環境の変化で、大阪湾で獲れる魚種や時期、漁獲量に大きな変化があり、漁業に深刻な影響がでてきているとの話から、参加者のみなさんは興味をもって次々に質問されました。
 生のりの佃煮作り体験では、今回が初めての一般向け体験講座とのことでしたが、非常に分かりやすい説明だったことから、参加者のみなさんは親子で話し合いながら、また隣同士協力しながら楽しく体験していただけたようです。
 工場見学では、みなさん大きな機械に驚き、製造ラインに興味をもたれ、出てきた香ばしい香りの成果物に喜んでいただけたようで、帰り際には多数の方が須磨のりを購入されておりました。
 最後に、アースパルKOBEさん提供のお米(兵庫県産)を保温調理で炊き上げたご飯に、参加者のみなさんが作った佃煮(須磨産)を包み、かるく炙った須磨のり(須磨産)でおにぎりを作って、試食していただきました。みなさん「おいしい おいしい」と、笑顔でおにぎりをほおばっておりました。
 今回の講座は、地球温暖化・海洋環境の変化・地産地消・省エネクッキングなどと盛り沢山な講座で、美味しく楽しく学んでいただけたと思います。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

【第9回】二酸化炭素(CO2)って最近よく聞くけど、どんなもん?―おもしろ実験をして正体をさぐってみようー

日時 2016年11月19日(土曜)10時から12時30分、13時30分から16時00分
会場 エコエコひろば(ふたば学舎)
企画運営 アースパルKOBE
講師 人と化学をむすぶ会

 二酸化炭素にはいろいろな性質があり、その一つには温室効果がある。地球上で私たち人間が生きていくための環境を守るためには、大気中の二酸化炭素濃度を一定に保つことが重要であることなどを講話いただきました。
 講話のあと、3つのグループにわかれて、順番におもしろ実験を行っていただいた。二酸化炭素は他の気体(酸素や窒素など)よりも重たいことをシャボン玉やろうそくを使って証明する実験や、二酸化炭素が水に溶けやすい性質を実証する実験などをした。また、生活するうえで必要不可欠な化学物質に親しんでもらうため、お風呂に入れると化学変化をおこす入浴剤を作った。
それぞれの実験などでは参加者は化学のおもしろさに魅了され、化学物質を身近に感じていただけたことと思います。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

第8回 未来館でダンスdeエコ!ー里山の秋まつりと農村歌舞伎も見学できるよー

日時:10月15日(土)A:10時から12時、P:14時から16時     
開催場所:こうべ環境未来館
講師:アースパルKOBE  

 講座当日は、空気の澄んだ絶好の行楽日和となった。講座は午前の部と午後の部に分かれ開催し、午前の部の参加者は講座終了後に里山の秋まつり見学へ、午後の部の参加者は講座の前に里山の秋まつり見学をしていただいた。
 講座は、人間の経済活動によって引き起こされた地球温暖化による異常気象などを私たちが少しでも食い止める行動をしなければならないと気づいていただく座学と、ダンスによる実習では消費するエネルギーと身近にある家電製品などで消費するエネルギーを比べて、エネルギーを作る大変さについて身を以て感じて頂き、今後の生活の中で省エネ行動を促すものとした。
 里山の秋まつりについては、地元で採れた新鮮な野菜・果物の直売所や、地元で採れた農産物で作られた「お好み焼き」や「よもぎもち」に「おでん」などの屋台で、参加者には地元の味を堪能していただいた。また全国的に珍しい江戸時代の農民の娯楽だった『農村歌舞伎』見学では、江戸時代の里山に思いを馳せていただけたことでしょう。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

第7回 あいなで里山の秋の空気をいっぱい吸い込もう ー里山の深まりつつある秋をからだで感じようー

日時:9月22日(祝木)10時から12時30分     
開催場所:国営明石海峡公園神戸地区    
講師:兵庫・水辺ネットワーク  
協力:神戸親和女子大学ユネスコクラブ
共催:国営明石海峡公園神戸地区 あいな里山公園

 平成28年5月28日にオープンしたばかりの“あいな里山公園” は、きれいに整備され、また清掃の行き届いた自然豊かな公園で、参加者は清々しい気持ちのなれたのではないでしょうか。
 さて、当講座ですが、まず環境学習施設「里山交流館」で、当公園で見られる生きものの生態などを学習した後、2班に分かれてフィールドワークに出掛けました。フィールドワークでは動植物の観察・もんどり体験・ザリガニ釣り体験などをしていただきました。最後に地元で採れたお米を使って参加者みんなで「せんべい」作りに挑戦していただきました。
 この自然豊かな公園の中で学んだことを日々の生活の中で思い返し、環境に配慮した行動につなげていただきたいと思います。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

第6回 エコと防災ってつながってんの?ーミニひなん所体験ー

日時 2016年9月10日(土曜)
場所 ふたば学舎
講師 アースパルKOBE、NPO法人プラス・アーツ
企画運営 アースパルKОBE
協力 神戸親和女子大学ユネスコクラブ

 地球温暖化が原因であると言われている異常気象のメカニズムや、いま自分たちにできる地球温暖化対策を紙芝居やクイズなどで記憶に残る学習を行った。
 また、私たちの身の回りにある段ボールやチラシを使って、スツールや机、ベッド、食器などを作ったり、救援物資に多いと言われている栄養価の高いサバの缶詰を使ったカレーライスを電気を使わず省エネを意識して鍋で保温調理するなど、災害時に役立つ知恵を学んでいただきました。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

第5回 神戸市内にこんな場所が!住吉川にアユがいた!ー海水と淡水の混じる汽水域に暮らすさまざまな生きものー

日時 2016年8月27日(土曜)
場所 住吉川汽水域
講師 兵庫・水辺ネットワーク(大嶋さん・安井さん)
企画運営 アースパルKОBE
協力 住吉川清流の会・住吉川公園東管理会・神戸親和女子大学ユネスコクラブ

 住吉川は、住吉川清流の会の会員や地域の方々が河川の美化清掃・保全活動等に取り組んでおり、都会の中を流れる川でありながら、アユやウナギが生息する綺麗な川に蘇っています。この、川の汽水域に生きる生きものをエコちゃれゼミ参加のみなさんと観察会を行いました。
 まとめに、講師の安井さん・大嶋さんから分かりやすく説明をいただきました。質疑応答では、参加者からの質問が途絶えることなく、講座時間を過ぎても参加者は講師に質問されるなど子どもたちの生きものへの興味から自然環境保護の大切さを学んでいただきました。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

第4回 夏休みの自由研究レスキュー隊 参上!ー環境未来館に、燃料電池車(MIRAI)が来るよー

日時 2016年8月1日(月曜)、2日(火曜)、4日(木曜) 10時から16時
場所 こうべ環境未来館
企画運営 アースパルKОBE
協力 神戸親和女子大学ユネスコクラブ

★開催プログラム
風の力でLEDを光らせよう(講師:アースパルKOBE)・生ごみそのまま捨てないで(講師:ECO遊悠)・ロールペーパー万華鏡(講師:神戸親和女子大学ユネスコクラブ)・自然からのおくりもので工作(講師:木縫の里)・太陽の光がかなでる(講師:アースパルKOBE)・コットンボールで糸つむぎ(コットンボール銀行)で、夏休みの自由研究のお助けとなる環境学習講座や、事前申込不要の自転車発電体験・おもちゃの病院・燃料電池コーナー・燃料電池車MIRAI展示などで、エネルギー関係などの学習をしていただいた。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

第3回 クワガタがおったぁ!ここにはいろんな虫がいるね!ー息をころして集中して、いろんな生きものをさがしてみようー

日時 2016年7月16日(土曜)10時から12時30分
場所 西神中央公園
企画運営 アースパルKOBE
講師 山本勝也さん(日本甲虫学会)イマサキ惟さん(神戸女学院大学)
協力 神戸親和女子大学ユネスコクラブ

 会場の西神中央公園は、住宅街に囲まれたところに位置するが、里山を残した公園であるため、いろいろな動植物が息づいている。
 講師から、危険な生きものの説明を受けたあと、子どもたちは公園内を走り回り、カブトムシやクワガタムシ、蝶やバッタなど、いろんな生きものを採集しました。
 まとめで講師から解説していただき、生きものと人間の関わりや環境保全の大切さを学んでいただきました。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

第2回 食べるってたいせつ、地球もたいせつー省エネクッキングで、わたしも地球をすこやかー

日時 2016年6月11日(土曜)
午前の部10時から12時、午後の部13時30分から15時30分
場所 コミスタこうべ(市生涯学習支援センター)
企画運営 アースパルKOBE
講師 黒谷静佳さん(ECO遊悠)
協力 ECO遊悠
   神戸親和女子大学ユネスコクラブ

 食べることは大切、地球も大切である。調理実習する際のエネルギーを無理せず少しでも省く方法を学び、家庭に戻っても地球温暖化の原因と言われている二酸化炭素の排出量を少しでも削減することで、地球の環境保全ができることを学んでいただきました。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

第1回 アメフラシ、見たことある?さわったことある?今年もアジュール舞子は生きものがいっぱい!ー神戸の海のみりょくにふれてみようー

日時 2016年5月21日(土曜)10時から12時30分
場所 アジュール舞子
企画運営 アースパルKOBE
講師 神戸市立須磨海浜水族園
協力 神戸市立須磨海浜水族園ボランティア
神戸親和女子大学ユネスコクラブ

 講座当日のアジュール舞子は、青く晴れわたった空、にキラキラ光る海の向こうに緑豊かな淡路島が見える絶好の生き物観察会日和と言える。
 参加した子どもたちは気持ちが高揚しているのか、どこか落ちつかない様子で、注意事項説明後、生きものの採取の案内をすると子供たちは元気よく海辺に走り出した。
 子どもたちは次々に海で採取した生き物をタッチプールに持ち寄り、大きなアメフラシや小さな蟹にタコなど、たくさんの生きものが集まりました。
 その後、講師より生きものの不思議な生態など織り交ぜ分かりやすく説明していただきました。参加者は食い入るように講師の話を聞いていました。

  • イメージ1
  • イメージ2
  • イメージ3

開催の記録(2015年度)

第10回 太陽光発電所見学と木津の里山散策バスツアー ー私たちの生活を見直す機会にー 2016年3月28日開催

平成28年3月28日 月曜 10時から15時40分
会場 神戸六甲西太陽光発電所・こうべ環境未来館
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 株式会社クリハラントのみなさん
    石谷完さん(NPO法人たけのコム)

市役所からバスに乗って北区にある神戸六甲西太陽光発電所にむかい、株式会社クリハラントさんから太陽光発電システムのお話をしていただき、再生可能エネルギーの徳性を学んだ。その後、西区にあるこうべ環境未来館と、その周辺地域(木津の里山)で、植物の解説と観察会を行い、里山の環境保全の重要性について学んだ。

  • イメージ1
  • イメージ2

第9回 省エネヘルシークッキング −地球にやさしいクッキングー − 2016年3月12日開催

日時 2016年3月12日(土曜)12時30分から15時30分
会場 コミスタこうべ(市生涯学習支援センター)
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 NPO法人食ネット清水典子さん(神戸女子大准教授)
講師補助 NPO法人食ネットのみなさん
共催 コミスタこうべ(市生涯学習支援センター)

ふだん何気に購入している食材でも地元産を選択する、必要な分だけ食材を購入する、簡易包装された食品を選択することでエネルギーを削減できることを分かりやすくお話いただきました。参加者のみなさんは自分に何ができるのかを考えるきっかけとなったようです。お話の合間に、ホットケーキミックスを使った「大学ポテトケーキ」と「きな粉たっぷりわらび餅風ケーキ」づくりに挑戦しました。

  • イメージ1
  • イメージ2

第8回 マヤ遺跡を探検しよう!− 摩耶山の自然と歴史散策 − 2015年11月7日開催

日時 2015年11月7日(土曜)10時から12時30分
場所 箕岡公園から摩耶山掬星台
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 摩耶山再生の会 慈(うつみ)憲一さん


 第8回のエコちゃれゼミのフィールドは、摩耶山。こんな身近な山にもたくさんの自然が存在し、また、摩耶山の歴史に触れ合うことで、人と自然の関わりに気づいてもらうことをテーマに、摩耶山再生の会の慈(うつみ)憲一さんを講師にお迎えしました。
 スタートの箕岡公園で簡単に説明を行い、トレッキングの開始です。あいにくの小雨模様でしたが、登るにつれ天気も回復し、快適な登山日和となりました。
 なかなかお目当てのキノコは見つかりませんでしたが、それでも参加した子供達は、元気にどんどん登りながら、昆虫や植物を見つけては保護者の方へ写真撮影を頼み、掬星台での学習に向けての準備に抜かりがありません。
 虹の駅から、昭和51年の大火に遭った旧天上寺跡が出現し、慈さんからの解説を聞くうち、天上寺の賑わいのなか、遊園地まであった昔の摩耶山へタイムスリップしたような気持ちになりました。
 さらに進んで摩耶山の国有保護林へ。原生林の大きさや空気、静けさなど、まさに空気が一変する自然環境の体験です。市街地にこのような貴重な自然が残されているのは世界でも例がないそうで、改めて神戸の街と自然の身近さを感じられた講座でした。

  • 摩耶山1
  • 摩耶山2
  • 摩耶山3
  • 摩耶山4
  • 摩耶山5
  • 摩耶山6

第7回 エコ農業といもほり体験 − 農業を好きになろう! − 2015年10月3日開催

日時 2015年10月3日(土曜)13時30分から15時30分
場所 こうべ環境未来館 及び 木津駅周辺
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 フレッシュグループ淡路島 森靖一さん
協力 木津里づくり協議会


 第7回のエコちゃれゼミのテーマは「エコ農業」。今回の「エコ農業」とは、自然環境に与える環境負荷を軽減させる、という視点です。つまり、地元の作物を地元で食べる、いわゆる地産地消がです。これは、フードマイレージの軽減及びCO2削減にもつながります。
 もう一つの催しは、いもほり体験です。今回ご用意頂いた芋は、木津里づくり協議会会長が6月からおよそ3か月間丹精込めて管理していただいた「べにあずま(紅金時)」です。
秋晴れの中、土は多少硬かったですが、大きな芋との対面を目指して、参加者は熱心に土と格闘していただきました。自然の中での自然体験、改めて大切な木津の田園風景や里山を、家庭での芋調理の際に思い出してもらいたいです。

  • いもほり体験1
  • いもほり体験2
  • いもほり体験3

第6回 あいなの里山散策とせんべい焼き体験 − 自然と伝統を知ろう! − 2015年9月5日開催

日時 2015年9月5日(土曜)10時から12時30分
場所 国営明石海峡公園神戸地区「あいな里山公園」(整備中)
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 兵庫・水辺ネットワーク
協力 神戸親和女子大学ユネスコクラブ


 年間10回予定のこうべエコちゃれゼミ。後半1回目は、現在整備中で、平成28年6月に第1期開園が予定されている「あいな里山公園」での自然満喫体験です。
 神戸・藍那地区にあるこの公園は、北区から移設された古民家や交流館などが建ち並び、田畑や池もある自然豊かなフィールドです。
公園までは藍那駅から約20分の急な坂道でしたが、参加者は元気にのぼって到着。古民家の「伝庫の家」で、あいな里山公園の説明を高橋先生から聞いた後、2班に分かれて自然観察に出発です。公園内にある植物や樹木の解説、もんどりを入れての魚やエビ採取や、ザリガニ釣りもあり、子供達は目を輝かせて体験していました。観察後は、地元の米で作る「せんべい」焼き体験です。親子でせんべいをほおばりながら、自然の中で地産地消を感じてもらえたら、と思いました。

  • あいな里山1
  • あいな里山2
  • あいな里山3

第5回 河口の生き物観察会 − 海につながる川の生き物を見てみよう − 2015年8月28日開催

日時 2015年8月28日(金曜)※順延 10時から12時30分
場所 住吉川河口(汽水域)
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 兵庫・水辺ネットワーク
協力 住吉川清流の会



2015年夏休み終わりの第5回エコちゃれゼミ。上半期の締めくくりを飾るのは、潮の干満で海水と淡水が入り混じる、海とつながる環境(汽水域)を持つ川である住吉川での生き物観察会です。台風接近のため、順延日の開催となりましたが、それでも100名を超える方々に参加していただきました。子供たちは思い思いの場所で熱心に生き物を採集し観察プールへ移動させます。兵庫・水辺ネットワークの講師の方から、それらの生態についての解説が加えられます。熱く語る青空環境講座は今日も熱心に展開しました。住吉川河口には様々な生き物が生息していますが、当日はウナギやミミズハゼ、ヌマチチブなどが見つかり、アサリも採取できました。夏の終わりの晴れ間、親子で自然とふれあいながら、環境を考えるひと時にしていただいたと思います。

  • 汽水域観察会1
  • 汽水域観察会2
  • 汽水域観察会3

第4回 夏休みの工作(3) − 森のかけらでクラフト ペットボトルクラフト − 2015年8月7日開催

日時 2015年8月7日(金曜)10時から12時、13時30分から15時30分
場所 こうべ環境未来館
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 アースパルKOBE



第4回こうべエコちゃれゼミの夏休みのエコ講座、3日目は、森のかけらでクラフトと、ペットボトルクラフトです。森のかけらでクラフトの完成品は、迷路や羽が動くカブトムシや表札も登場し、まさに端材を有効に用いた作品が続出しました。
 アースパルKOBEの皆さんを講師にお迎えしたペットボトルクラフトでは、最初に「地球は病気になっている」とのキーワードから温暖化についえスライドで解説。温暖化防止について、私たちが出来ることを教えていただき、その後ペットボトルの風力発電模型の作成。これらから、エネルギー問題を考えていただきました。羽の微妙な傾きで風の受け方が変わるので、参加者はその調整に苦労しながら、それぞれの工夫を加え、ペットボトルの作品を完成させていました。

  • 森のかけら3
  • 森のかけら3
  • 森のかけら3
  • ペットボトルクラフト
  • ペットボトルクラフト
  • ペットボトルクラフト

第4回 夏休みの工作(2) − 森のかけらでクラフト バーニングアート − 2015年8月6日開催

日時 2015年8月6日(木曜)10時から12時、13時30分から15時30分
場所 こうべ環境未来館
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 NPO法人社会還元センターグループ わ



第4回こうべエコちゃれゼミ、夏休みのエコ講座2日目は、森のかけらでクラフトと、バーニングアートです。森のかけらで作るクラフトは、バリエーションが増加してきました。ゲームや大きなフォトスタンド、マガジンラックなどが次々に完成していきました。そして、今回はNPO法人社会還元センターグループわの皆さんを講師に迎えてのバーニングアートです。好きな昆虫や動物のデザインに、自分の名前を書き入れるなど、親子で木とふれあう時間を過ごし、自然の大切さを感じていただきました。

  • 森のかけら2
  • 森のかけら2
  • 森のかけら2
  • バーニングアート
  • バーニングアート
  • バーニングアート

第4回 夏休みの工作(1) − 森のかけらでクラフト エコ芳香剤づくり − 2015年8月4日開催

日時 2015年8月4日(火曜)10時から12時、13時30分から15時30分
場所 こうべ環境未来館
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 一般社団法人ブリッジバイクオリティ


 第4回のこうべエコちゃれゼミは、夏休みのエコ工作の講座集です。3日間の最初に行われたのは、森のかけらでクラフトと、エコ芳香剤づくりです。森のかけらでのクラフトは、建築端材の木切れや枝などを活用した親子での工作です。参加者は、フォトフレームや小さな椅子、木箱などのほか、船や木の剣も作成されていました。
 エコ芳香剤づくりは、再利用する材料に、ケーキの保冷剤をを採用。ポリマーが原料のため消臭効果もあります。パステルで色づけをし、ラベンダーやオレンジ、ローズマリーの精油を投入。3か月程持続するエコ芳香剤の完成です。そして、小野市で採集したローズマリーのエキスを使った消臭スプレーも作製しました。

  • 森のかけら
  • 森のかけら
  • 森のかけら
  • エコ芳香剤
  • エコ芳香剤
  • エコ芳香剤

第3回 ことしの昆虫たちはどこにいる? − 公園に住んでいる昆虫を探そう! − 2015年7月12日開催

日時 2015年7月12日(日曜)10時から12時
場所 西神中央公園
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 山本勝也さん(須磨ふるさと生きものサポータ)
協力:神戸親和女子大学ユネスコクラブ



第3回のこうべエコちゃれゼミは、ニュータウンには珍しく、里山をまるごと公園で保全している西神中央公園が会場でした。山本先生の昆虫に関するお話からスタート。その後、昆虫好きな子供たちは、岩場の隙間や草むらを熱心に昆虫採集です。森へ移動しての採集も行いました。地元の人が守ってきた里山で生きる、小さな命との触れ合いの時間です。まとめでは、山本先生が自ら採集されたテングチョウやヒカゲチョウ、チビクワガタや、子供たちが採集した昆虫を詳しく解説していただきました。昆虫を通じて、環境を守ることを、一人でも多くの方に気づいていただければと思います。

  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子

第2回 兵庫運河を探検しよう!− こんなところにも生き物が − 2015年6月28日開催

日時 2015年6月28日(日曜)10時から12時45分
場所 兵庫運河
企画運営 一般社団法人ブリッジバイクオリティ
講師 兵庫・水辺ネットワーク
協力:兵庫漁業協同組合
   兵庫運河を美しくする会
   兵庫運河真珠貝プロジェクト


第2回のこうべエコちゃれゼミは、兵庫運河の探検。昔の姿からは見違えるほど美しくなった兵庫運河で生息する生き物についての体験講座です。同日開催された兵庫運河真珠貝プロジェクトの真珠についての学習を見学の後、メインの兵庫運河での観察会。観察場所への移動は、兵庫漁業協同組合のご協力のもと、普段できない乗船体験でした。さらに移動待機中のアサリ等の生き物クイズや解説など、参加者は観察以外の時間も含め、兵庫運河で楽しく学んでいただけたのではないでしょうか。

  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子

第1回 海辺の生き物たち − 身近な海辺は生き物いっぱい! − 2015年5月17日開催

日時 2015年5月17日(日曜)10時から12時30分
場所 アジュール舞子
企画運営 一般社団法人 ブリッジバイクオリティ
講師 神戸市立須磨海浜水族園
協力 須磨海浜水族園ボランティア
    神戸親和女子大学ユネスコクラブ


16日の雨により17日の日曜日、回復した天気のもと順延して開催し、急な日程変更にも関わらず、100名以上の方に参加していただきました。
最初に須磨海浜水族園講師による説明の後、海岸での生き物採集へと移動。参加者の皆様は各々カニやヤドカリ、小魚等に触れられ、アジュール舞子にもこれだけの生き物が生息していることを実感されたのではないかと思います。
採集された生き物はタッチプールに持ち寄り、先に水族園ボランティアが採集していた巨大アメフラシなどと共に、それぞれの生き物について講師より解説していただきました。 5月ではないような強い日差しのなか、参加者の皆様が熱心に講師の話に耳を傾けておられたのが印象的でした。

  • 当日の様子
  • 当日の様子
  • 当日の様子

開催の記録(平成26年度)

第10回 二酸化炭素ってどんなものなの?

日時 2014年11月29日(土曜)10時から12時10分、13時30分から15時40分
場所 エコエコひろば(市立地域人材支援センター2階)
企画運営 アースパルKОBE
講師 人と化学を結ぶ会



地球温暖化の原因といわれながらも、生きものは二酸化炭素がないと生きていくことができません。この日は、講師の人と化学を結ぶ会のみあ、目に見えない二酸化炭素の存在と性質を実験を通して教えて頂きました。

第9回 あいなで里山の風景を楽しもう!  

日時 2014年10月18日(土曜)10時から12時30分
場所 国営明石海峡公園神戸地区
企画運営 アースパルKОBE
講師 兵庫・水辺ネットワーク
協力 国営明石海峡公園事務所
    神戸親和女子大学ユネスコクラブ



国営明石海峡公園事務所のご協力で、開催させていただきました。同公園は、2年後にオープン予定です。棚田や茅葺民家もある素敵な公園です。この会場まで神戸電鉄藍那駅から、アースパルKОBEと神戸親和女子大学のみなさんが参加者を誘導。駅周辺は、里山の風景が残る場所で、会場までの道の散策も楽しみました。到着後、同公園事務所の高橋さんから、公園についてご紹介いただき、講師の兵庫・水辺ネットワークのみなさんのお話しと屋外での観察や外来種のザリガニ釣り体験をしました。

第8回 住吉河口、いろんないきものがいるね!

日時 2014年9月20日(土曜)10時から12時30分
場所 住吉川河口(汽水域)
企画運営 アースパルKОBE
講師 兵庫・水辺ネットワーク
協力 住吉川清流の会、神戸親和女子大学ユネスコクラブ



東灘区にある住吉川は、日頃から、地元の住吉川清流の会のみなさんが川の美化、保全活動に取り組まれ、美しい清流が保たれています。この日は、河口で貝、カニ、サカナなどを採集し、講師の兵庫・水辺ネットワークの安井さん、大嶋さんのお二人に解説をしていただきました。なんとウナギや絶滅危惧種のカニも観察でき、多くの生きものが生息する環境を守ることの大切さを学びました。

第7回 夏休みの自由研究お助け隊出動!

写真夏休みの自由研究に役立つ企画を開催しました。
日時 2014年8月18日(月曜)、19日(火曜) 10時から15時
    2014年8月29日(金曜)から31日(日曜) 10時から15時
場所 こうべ環境未来館
企画運営 アースパルKОBE
協力 神戸親和女子大学ユネスコクラブほか


★開催プログラム
自転車発電実験、風の力でLEDを光らせよう、古バスタオルで布草履、箱の中に虹をかけよう、段ボールコンポスト、おもちゃの病院など、夏休みの自由研究に役立つ、力強い講師の方々をお迎えし、11のエコ講座を開催しました。

第6回 工場のエコって、すごいね!

日時 2014年8月6日(水曜)10時から12時、13時30分から15時30分
場所 森永乳業株式会社神戸工場
企画運営 アースパルKОBE
講師、協力 森永乳業株式会社



神戸こどもエコチャレンジ21倶楽部会員の森永乳業株式会社さんにご協力いただき、工場見学とエコデザートづくりに挑戦しました。森永乳業株式会社の社員の方から製品づくりへの安全管理や自然エネルギーの活用などの取組をご紹介いただいたあと、、ヨーグルト、カフェラテ、流動食などの製造ラインを見学させていただきました。

第5回 あ、ここに虫がいるよ!この虫なあに?

日時 2014年7月19日(土曜)10時から12時30分
場所 西神中央公園
企画運営 アースパルKОBE
講師 山本勝也さん(日本甲虫学会会員)
協力 神戸親和女子大学ユネスコクラブ


市営地下鉄の西神中央駅から徒歩ですぐの街中の公園ですが、中央の広場の周りに林があり、いろいろな種類の虫を採集し、講師の山本勝也さんから解説をしていただきました。夏休みの初日、公園には、虫とり網とかごをもった親子の参加者であふれていました。


第4回 エコクッキング、私も地球もしあわせ 

日時 2014年6月28日(土曜)10時から12時、13時30分から15時30分
場所 コミスタこうべ(市生涯学習支援センター)
企画運営 アースパルKОBE
講師 ECO遊悠
協力 コミスタこうべ(市生涯学習支援センター)
    神戸親和女子大学ユネスコクラブ


地球にやさしいエコクッキングってなんでしょう。今回は講師のECO遊悠のみなさんからごみを出さない食材選び、省エネ調理、フードマイレージなどについて、分かりやすく解説していただいた後、エコおはぎづくりに挑戦しました。


第3回 さがそう、ふれてみよう いろんな海辺の生きもの 

日時 2014年5月24日(土曜)10時から12時30分
場所 アジュール舞子
企画運営 アースパルKОBE
講師 市立須磨海浜水族園
協力 須磨海浜水族園ボランティア(SAPV)
    神戸親和女子大学ユネスコクラブ


身近な海辺にも多様な生きものがたくさんおり、参加のみなさんは、直接触れてみて観察しました。見つけた生きものについては、講師の須磨海浜水族園のみなさんに生態(外観・特徴・動き)について解説をしていただきました。観察後、参加者みんなで、生きものを海に返しました。身の回りのことから、自然や環境にやさしい行動を始めるキッカケとなる講座でした。




第2回 メガソーラーのでっかさにビックリ!エコバスツアー

日時 2014年5月10日(土曜)10時から15時
集合 神戸市役所3号館玄関前 
企画運営 アースパルKОBE
講師・協力 津吉 彰さん(市立工業高等専門学校教授)
        株式会社クリハラントのみなさん、新星電気株式会社のみなさん


最初に北区の神戸六甲西太陽光発電所へむかい、株式会社クリハラントさんから、見学案内と太陽光発電の長所と短所について説明をして頂きました。その後、西区の神戸高専で津吉先生から太陽電池の仕組みについて講義をいただき、屋上のソーラーパネルを見せていただきました。最後は、長田区の新星電気株式会社さんを訪問し、同社の実践されている太陽光、風力発電、雨水利用などの設備とエコの取組の紹介をしていただきました。

第1回 今年は木津!里山さんぽと草木染 

日時 2014年4月19日(土曜)10時から13時
会場 こうべ環境未来館
企画運営 アースパルKОBE
講師 NPO法人社会還元センターグループわ
協力 神戸親和女子大学ユネスコクラブ


こうべ環境未来館周辺にひろがる木津の里山の歴史や観察できる動植物についてのお話と春先の里山の木々の姿を近隣の里山さんぽで観察・体験しました。また茜、タマネギ、ヤマモモで伝統工芸の「草木染」を家族で楽しみました。  



開催の記録(平成25年度)

第13回 水のふしぎにふれる旅へ、いざ出発 

日時 2014年3月15日(土曜)10時から12時、13時30分から15時30分
会場 市水の科学博物館
企画運営 アースパルKОBE
講師 市水の科学博物館 アースパルKОBE


生命にとってかけがえのない水。私たちの生活に欠かせない「水道水」、「水の性質」や「水と人とのかかわり」を理解することは、良好な地球環境を作る上で、最初のステップともいえます。講座のはじめに大下館長さんから博物館の歴史についてご紹介いただきました。そのあと、紙芝居、理科実験、3Dシアターなど、体験型もりだくさんの講座となりました。



第12回 クリスマススイーツでエコっちゃお

日時 2013年12月1日(日曜)10時から12時、13時30分から15時30分
会場 コミスタこうべ(市生涯学習支援センター)
企画運営 アースパルKОBE
講師 ECO遊悠
共催 コミスタこうべ(市生涯学習支援センター)


食べ物が、作った人から、私たちの家庭まで運ばれてくるのに使うエネルギーをフードマイレージと言いますが、これについて、わかりやすくお話がありました。そして、大事な食べ物を無駄にしない、できるだけエネルギーを使わない生活を考えました。お話の後は、お米の粉をつかったクッキーづくりとフルーツポンチづくりに挑戦しました。

第11回 二酸化炭素とおもしろ実験

日時 2013年11月9日(土曜)10時から12時10分、13時30分から15時40分
会場 エコエコひろば(長田区)
企画運営 アースパルKOBE
講師 人と化学をむすぶ会


温室効果ガスといわれている二酸化炭素のお話のあと、3つのグループにわかれて、おもしろ実験です。会場のエコエコひろばには、ビーカー、フラスコ、風船、水槽、ロウソクなどが用意され、理科室のような雰囲気です。自分が二酸化炭素をだしていることを調べる実験、二酸化炭素の性質をしらべる実験などがあり、参加者は科学、化学のおもしろさに触れました。

第10回 森林植物園で秋のクラフト工作!

日時 2013年9月15日(日曜)10時30分から14時
会場 市立森林植物園(北区)
企画運営 アースパルKOBE
講師 市立森林植物園ボランティア


秋の七草のひとつの萩。会場の森林植物園には、萩の小道があります。
お天気がよければ、園内を散策しながらの観察を予定していましたが、あいにく大雨でした。この日は、雨をしのげる場所で、同園のボランティアのみなさんに、萩の枝を使ったすだれ、箒(ほうき)、エンピツなど、いろいろな形のクラフトを教えていただきました。最後は完成作品をお互いに披露しました。

第9回 あいなで里山の風景を楽しもう! (台風の影響により中止)

里山の棚田風景日時 2013年8月31日(土曜)10時から12時30分 
会場 国営明石海峡公園神戸地区(北区)
企画運営 アースパルKОBE 
講師 兵庫・水辺ネットワーク
共催 国営明石海峡公園事務所 
協力 神戸親和女子大学ユネスコクラブ



※台風の影響で、開催は中止になりました。

第8回 工場でエコを学ぼう、見つけよう!

日時 2013年8月28日(水曜)10時から12時、14時から16時
会場 森永乳業株式会社 神戸工場(灘区)
企画運営 アースパルKОBE
講師 森永乳業株式会社(神戸こどもエコチャレンジ21倶楽部会員)


森永乳業株式会社さんは、児童館出前エコ講座をはじめ、市内の子どもたちへの環境学習に広くご支援をいただいている企業さんです。
当日は、スタッフのみなさんに分かりやすく神戸工場の中をご案内いただきました。その中で独自の製品づくりの中でエコな工夫をされている点などわかりやすくご紹介いただきました。見学のあとは、エコなデザートづくりを参加者全員で体験しました。

第7回 住吉川河口のいきものをたんけん!

日時 2013年8月17日(土曜)10時から12時30分
会場 住吉川汽水域(東灘区)
企画運営 アースパルKOBE
講師 兵庫・水辺ネットワーク
協力 住吉川清流の会、神戸親和女子大学ユネスコクラブ


潮の干満で海水と淡水が入り混じる河口(汽水域)では、いろいろな生きものが生息しています。採集した生きものについては、講師の水辺・ネットワークのみなさんがその生態を分かりやすく解説してくださいました。暑い中、川辺の涼しさ、クールスポットも同時に楽しむことができました。

第6回 夏休みの自由研究〜お助け隊出動

日時 2013年7月27日(土曜)から28日(日曜)、8月23日(金曜)から25日(日曜)いずれも10時から15時
会場 こうべ環境未来館(西区)
企画運営 アースパルKOBE
協力 神戸親和女子大学ユネスコクラブ
講座 「太陽光が演奏する!?電気自動車に乗ろう」、「古バスタオルでつくる布ぞうり」、「生ごみ捨てないで 肥料に大変身」、「ペットボトルで風力発電機を作ろう」、「ビオトープに暮らす生きものを見てみよう」、「おもちゃの病院を開院」、「君の飛行機はジェット機?」、「箱の中に虹を作ろう!」、「まあ!ステキなコサージュね」、「ふしぎなキュービック」、「いい音を作ろう!竹工作」


こうべ環境未来館で、夏休みの5日間、自由研究に役立ついろいろなテーマの講座を開催しました。連日会場は、大盛況でした。

    

第5回 つかまえたよっ! この虫なあに?

日時 2013年7月20日(土曜)10時から12時30分
会場 西神中央公園(西区)
企画運営 アースパルKOBE
講師 今給黎 靖夫さん(昆虫写真家)
協力 市埋蔵文化財センター、神戸親和女子大学ユネスコクラブ


夏休み初日。暑い中、朝からたくさんの参加者が西神中央公園に集まりました。昆虫博士こと、今給黎(いまきいれ)先生から昆虫をたくさん採集するワザについて説明を伺ったあと、公園内にいる昆虫の観察、採集に元気に向かいました。バッタやチョウの仲間など参加者は観察ノートを手に熱心にメモをとっていました。 


第4回 太陽の恵み、ソーラー発電はスゴイ

日時 2013年7月6日(土曜)10時から15時
会場 新星電気株式会社(長田区)、市立工業高等専門学校(西区)、あわじメガソーラー(淡路市)
企画運営 アースパルKOBE
講師 津田 久雄さん(新星電気株式会社代表取締役)、津吉 彰さん(市立工業高等専門学校教授)、
    岡田 成久さん・豊田 栄次郎さん(NPO法人ワット神戸)


夏の太陽を感じるこの日は、自然エネルギーを利用している市内企業、学校等をバスでまわりました。新星電気株式会社さんでは、自然エネルギーを会社施設に導入されておられ、社長の津田さんからお話を伺いました。市立工業専門学校では、津吉先生から太陽光発電のしくみについてわかりやすく解説をしていただき、学校の屋上にある太陽光パネルを見せていただきました。最後は、明石海峡大橋を渡り、淡路市のメガソーラー発電所を見学して帰路につきました。

第3回 クイズで挑戦! 家庭の省エネ大作戦

日時 2013年6月22日(土曜)10時から12時15分、13時30分から15時45分
会場 エコエコひろば(長田区)
企画運営・講師 アースパルKOBE


この日は、地域人材支援センターの2階にあるエコエコひろばで開催しました。内容は、グループ対抗の省エネクイズです。クイズを通して、普段の生活の中でできること、エアコンなどの電気設備の取替えでできること、二重窓など建屋の断熱の課題に取り組むことでできることを学びました。

第2回 大潮だから会える海辺の生きもの

日時 2013年5月25日(土曜)10時から12時30分
会場 アジュール舞子(垂水区)
企画運営 アースパルKOBE
講師 市立須磨水族園
協力 市立須磨水族園ボランティア(SAPV)、神戸親和女子大学ユネスコクラブ

講師の須磨水族園の方から、海浜の生きものについてのお話と採集の注意事項を聞いた後、いよいよ採集開始。魚、海藻、貝など人工の海岸にもいろいろな生きものが観察できました。海の生きものたちの環境を守ることは、海をよごさないこと。一人一人ができることは何かを考えました。観察後は参加者全員で、生きものを海に戻しました。

第1回 母の日に、草木染のプレゼント 

日時 2013年4月20日(土曜)10時から12時45分
会場 総合運動公園(須磨区)
企画運営 アースパルKОBE
講師 里山倶楽部 緑台
共催 公益財団法人神戸市公園緑化協会   
協力 神戸親和女子大学ユネスコクラブ

里山とは、まちと自然の間にあって、人が昔から利用してきた森や林。総合運動公園の里山を散策しながら春先の木々観察とともに里山の役割を学びました。そのあと伝統を垣間見れる「草木染」体験をしました。

一部のファイルをPDF形式で提供しています。PDFの閲覧にはAdobe System社の無償のソフトウェア「Adobe Reader」または「Adobe Acrobat Reader」 が必要です。下記のAdobe Readerダウンロードページなどから入手してください。