神戸市-KOBE-


苦情商品の相談内容
.

最終更新日
2017年4月1日

相談内容1

電気ポットの内側にさびのようなアカがついているが、健康に害はないか

検査結果

さびのようなアカを分析しました。その結果、水道水中にごく微量ふくまれている銅が、長期間ポットを使用している間に付着したものとわかりました。通常の使用では、特に心配ありません。

ワンポイントアドバイス

銅などが付着すると除去が難しいので、ポットを日常から洗浄しておきましょう。ポットの洗浄剤が市販されています。洗浄後はよくすすぎましょう。

相談内容2

銅鍋でカレーをたくとカレーが青い色になった

検査結果

銅鍋でカレーをたいて、長時間放置している間に銅が溶け出し、その銅イオンが青い色を呈したものとわかりました。

相談のあった銅鍋は、もともとスズメッキがほどこされていましたが、長年使っている間にメッキがはがれ、銅が溶出しやすくなっていました。しかし、銅鍋で生理食塩水を30分程度沸騰させたところ、銅イオンの溶出量は5ppm程度で、調理後はすぐにほかの容器に移し替えれば特に問題がないことがわかりました。

相談内容3

乾電池をポケットにいれて歩いていると熱くなって火傷しそうになった

検査結果

乾電池(単3)と一緒に鍵をポケットにいれておいたため、鍵のたばが乾電池のプラスとマイナスに接触し、ショートを起こしたことが原因とわかりました。乾電池(単3)のプラスとマイナスをショートさせると数分間の内に100度以上にもなります。

ワンポイントアドバイス

注意:このような乾電池をショートさせることは、中から強アルカリ液が噴出し、危険ですので絶対に行わないで下さい。

相談内容4

テレビで、卵をアルミホイルでくるみ、水の入ったどんぶりに入れ、電子レンジにかけるとゆで卵ができると放送していたが、本当にできますか。

検査結果

アルミホイルが、水からでた部分から放電することがあります。また、十分にアルミホイルにくるんでいないと、卵に直接電磁波があたり、その結果、条件によっては、卵が破裂することがあります。

ワンポイントアドバイス

卵を電子レンジで加熱することは、やはり破裂などの危険がともないます。

相談内容5

灯油を購入しファンヒーターを使っていたら、ファンヒーターが故障した。灯油の品質に問題があったのではないか

検査結果

灯油は古くなると、酸化や重合反応が起こって品質が劣化することがあります。劣化した灯油を使用したため、ファンヒーターの石油を気化・燃焼させる部分が目詰まりし故障したと思われます。灯油の品質の劣化の度合いは、灯油カラー試験法と言う方法で簡単に試験できます。

ワンポイントアドバイス

ファンヒーターの故障の原因の多くは、劣化した灯油の使用によるものです。特に、ポリタンクで長期間放置していると劣化が進みやすいので注意しましょう。またシーズンの終わりに行うファンヒーターから灯油の抜き取り作業などは、説明書に従って行いましょう。