神戸市-KOBE-


神戸市消費生活相談のご案内

最終更新日
2017年4月1日

神戸市消費生活センター※平成29年4月1日より、名称を
    「神戸市生活情報センター」から

    「神戸市消費生活センター」  に変更いたしました。

 神戸市消費生活センターは、消費生活相談や生活情報の収集・提供等くらしに密着したセンターとして市民のみなさんのくらしを守り、消費生活の安全・安心のためのお手伝いをしています。
 

消費生活相談

神戸市消費生活センター 消費生活に関する商品やサービスの契約トラブルなどについて、消費者からのご相談を消費生活相談員がお受けし、解決に向けた助言などを行っています。
 クーリング・オフの手続きの説明や、専門機関の紹介をいたします。
 必要に応じて事業者へのあっせんを行いますが、事業への指導・強制はできません。
 また、弁護士のように相談者の代理人として交渉はできません。
 相談を基に、啓発活動等につなげています。そのため居住区、年齢等をお聞きしています。
 ご協力をお願いいたします。

相談概要

 消費者と事業者との契約に関するトラブルをお受けします。ただし、以下に関するご相談は対応できかねます。
・価格の妥当性や事業者の信頼性
・相隣問題や個人間のトラブル
・事業者に対する損害賠償や慰謝料

 相談をお受けできる方
・神戸市内に在住の方が対象です。
・事情をわかっているご本人からのご相談をお受けします。
・判断能力が不十分など契約者ご本人からの相談が難しい場合は、ご家族等のご相談もお受けします。
・事業者や個人事業主の方からのご相談はお受けできません。

 費用について
・相談は無料です(通信に伴う費用はご負担ください)。
・契約書など契約の日時やいきさつ等わかるものをご用意ください。

(消費者ホットライン「188」でもつながります。但し、携帯電話会社の通話料定額サービスの適用は、ありませんのでご注意ください。)

電子メールによる相談

 相談受付時間帯に電話、来所が困難な場合には、電子メールでもお受けします。
 ただし、交換できる情報量に限りがありますので、2回目以降は電話または来所によりご相談ください。

全国の消費生活センター

 神戸市にお住まいでない方は、住所地の消費生活センターにご相談ください。