神戸市-KOBE-


生活情報センターをかたる架空請求詐欺が発生!!

最終更新日
2015年6月3日

生活情報センターをかたる電話にご注意を!!

【消費者のみなさんへ】

(1)生活情報センター(消費生活センター)が「個人情報を削除する」などと言って電話をかけることは絶対にありません。また、直接職員が訪問したり、文書の送付などは行っていません。
 
(2)相談は無料です。職員が相談料を請求したり、金品を預かったりすることはありません。
 
(3)不審な電話、訪問があったり、書類が届いたりした場合には、ひとりで判断せずに生活情報センター(お住まいの消費生活センター)へ
 

【報告事例】

消費者庁 見守り新鮮情報212号(1)生活情報センターを名乗る者から「あなたの名前がある企業の名簿に載っている。削除するには、別の人に権利を譲る必要があるので、その人に電話をかけてください。」などと言われ、電話番号を教えられる。
 
(2)教えられた電話番号に電話をかけると、「あなたの名義を借りて太陽光パネルを購入し、代金を振り込んだので、電話をして入金の確認をして欲しい。」などと言われ、電話番号を伝えられる。
 
(3)さらに教えられた番号に電話をかけると、「名義貸しは違法になる。救済措置として保釈金500万円を払えば刑事事件にならない。」などと言われ保釈金の送付先を伝えられる。
 
(4)だまされた人は、保釈金として、指定された住所へ500万円を送付。
 
(5)だまされた人は、数日後、さらに、金融庁職員を名乗る者から「さらに600万円が必要」という電話を受け、前回と違う住所へ600万円を送付。
 
(6)先に送った保釈金を返すと言われていた日になっても返金がないため、女性が警察に相談し被害が発覚

悪質商法の被害や契約トラブルにあうなど、消費生活に関する相談は

■神戸市生活情報センター
(住所)〒650−0016 
神戸市中央区橘通3−4−1 神戸市立総合福祉センター5階
(電話)078−371−1221
【相談時間】
月〜金曜日(12月29日から1月3日、祝日を除く)午前8時45分〜午後5時30分
※ただし、来訪相談の受付は午後5時まで

※土曜日は緊急の相談のみ
■週末消費生活相談ダイヤル
(電話)0570−064−370

【相談時間】
土曜日〈12月29日から1月3日を除く〉  午前10時〜午後4時
※日曜日は同番号で(独)国民生活センター(東京)につながります。
 また、継続的な案件等については、平日に神戸市生活情報センターにおかけ直しいただく場合があります。